元日本代表DF加地が選出した「対戦して嫌だった選手」 あの天才や世界的名手の名も...

元日本代表DF加地が選出した「対戦して嫌だった選手」 あの天才や世界的名手の名も...

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/12/06
No image

現役引退の加地が対峙して嫌だった「相手の裏をかいてくる選手」 栄えある1位は…

ファジアーノ岡山の元日本代表DF加地亮が11月25日、今季限りでの現役引退を発表した。1999年のワールドユース(現・U-20ワールドカップ)ナイジェリア大会で準優勝を果たした"黄金世代"の一人で、J1通算300試合、J2通算199試合、MLSで15試合に出場。日本代表としても、2006年のドイツ・ワールドカップ(W杯)に出場するなど64試合2得点を記録した歴戦の右サイドバックに、「これまで対戦してきた中で嫌だった選手」を訊いた。

加地が嫌だと感じるのは、「相手の裏をかいてくる選手」だったという。「真っ向勝負で、スピードで仕掛けてくるヤツは大丈夫なんですよ。ゴリゴリとフィジカルでくるヤツも大丈夫。それよりも、テクニックがあって周りと連係しながら崩してくるヤツは徐々に痛めつけられる感じがして、ほんまに嫌でしたね」と笑みを浮かべる。

日本人選手では、少し迷いながら3位に「中村俊輔」(ジュビロ磐田)の名を挙げた。「シュンさんかなあ。シュンさんこそ、ほんまに相手の裏をかくのが上手いから嫌でしたね」と振り返る。

続いて触れたのは、「アレックス」だ。清水エスパルスや浦和レッズなどで活躍し、日本代表のチームメイトだった三都主アレサンドロは、「全盛期はほんまえぐかった。全然止められへんかった。特にエスパの時が強烈だった」。当時、脱帽していたと明かした。

そして、1位は「中村憲剛」の一択だったようだ。「ケンゴのパスはエロい(笑)。ほんまパスを出すタイミングとか、狙っているところがめっちゃエロい」と、加地独特の言い回しで、ついに悲願のJ1リーグ制覇を成し遂げた川崎のレジェンドを称えた。

No image

外国人選手で最もインパクトを受けたのは…

では、外国人選手はどうか。加地は「インパクトの順ね!」と言って名前を挙げた。

「3位はナニ。アイツはどうしようもなかった。2位はリケルメ。とにかくほんまにめちゃくちゃ上手かった」

ポルトガル代表MFナニ(ラツィオ)とは、ガンバ大阪時代の2008年にクラブワールドカップで対戦。当時所属していたマンチェスター・ユナイテッドに3-5で敗れた一戦で、加地は“手に負えない”感覚をナニに抱いていたという。元アルゼンチン代表MFフアン・ロマン・リケルメは2004年8月のキリンチャレンジカップ(1-2)で対峙し、卓越したテクニックに衝撃を受けたようだ。

そして1位には、2005年のコンフェデレーションズカップや翌年のドイツW杯でも対戦した“別次元”のブラジル人クラッキの名を挙げた。

「1位はロナウジーニョ。もうあっちが後ろを向いているのに抜かれるって感じるほどやった。なんなんやろうね、なんかもう雰囲気が違った」

最後に加地は、現役日本代表の右サイドバック、酒井宏樹(マルセイユ)の守備力を称賛した。

No image

「実際にピッチで対峙したら超速いはず」

「酒井宏樹の守備力は凄いと思う。この前もネイマールにすごく上手く対応していた。テレビで見ているのとは全然違って、実際にピッチで対峙したら超速いはずですよ。なのに、めっちゃ対応してるからほんまに凄いなって思う」

加地だからこそ分かる酒井の凄さ。右サイドバックの“後輩”にとっても、大先輩の称賛は嬉しいはずだ。

【了】

寺田弘幸●文 text by Hiroyuki Terada

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ガットゥーゾ新監督が待望の初勝利!ボナベントゥーラ2発でミランは4試合ぶりの白星
アーセナルFW倒した吉田麻也のプレーに「PK与えるべきだった」という意見も
脱税CR7 罰金は40億円か
こんな技見たことない!? 元ブラジル代表MFの“エアドリブル”に海外騒然「技の宝庫」「ショーだ」
「オカザキより闘える選手がほかにいる?」レスター地元紙が岡崎慎司の奮闘を絶賛!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加