まるで姫扱い!? 女の子ママの「暴走子育てエピソード」3選

まるで姫扱い!? 女の子ママの「暴走子育てエピソード」3選

  • It Mama
  • 更新日:2018/02/15
No image

source:https://www.shutterstock.com/

「お腹の中の子が女の子だとわかった瞬間、目につく可愛いベビー服を片っ端から買い漁りたくなった!」という話で、ママ友と盛り上がったことがあります。

女の子を持つママたちは理解できると思うのですが、女の子のベビー服やアクセサリーってとにかく可愛くてたくさん購入したくなりますね。

ママたちが娘のオシャレを考えるとき、可愛い服を着せたい! という気持ちにプラスして「自分が着てみたいけど着れない服」を娘に着せて、自分の“欲”を満たすということがあります。

今回は小さな娘に、自分が叶えられなかったことを託したり、叶えてあげたりしたいというママたちが、ついつい可愛がりすぎてやりすぎてしまった面白エピソードをご紹介します。

No image

▼4歳なのに…完璧な巻き髪&メイクをさせる美魔女ママ!?

No image

source:https://www.shutterstock.com/

娘ちゃんを着せ替え人形のように着飾らせることを趣味にしているママ友。

4歳の娘ちゃんは、会うたびに髪を完璧に巻いて登場します。もちろんママの髪型も完璧!

まだ4歳ですから、ツルツルの髪の毛がアイロンやスプレーで痛んでしまわないかと、見ているこちらが少し心配になります。

最近は、口紅や薄いメイクまでしてくるときがあるので、これ以上メイクやヘアスタイルが派手になっていかないかと心配しています……。

関連記事:【女の子ママ】娘を「ワガママ姫」に育ててしまうNG行動3つ

▼欲しいものは何でも買い与える!?「コレクターママ」

No image

source:https://www.shutterstock.com/

会うたびに新作のおもちゃを持ってくるママ友の娘ちゃん。

ママ友は元々“コレクター癖”があるようで、気に入ったものは徹底して集めるタイプ。

そのため子どもが好きなものも、見つけるたびに買い与えています。

そのシリーズのものはどんなものでも購入すると決めているようなのですが、その親子に会うたびに筆者の娘からも「私も欲しい!」とせがまれて困ってしまいます……。

関連記事:絶大な人気「メルちゃん」が、女の子に愛される意外なワケって?

▼娘と必ずお揃いコーデの「アラフォーママ」!

No image

source:https://www.shutterstock.com/

「どこで見つけてくるの?」と思うほど、会うたびに母娘でリンクコーデや双子コーデをしてくるママ友(40代)。

3歳の娘ちゃんにはとっても似合うふりふりのスカート。しかし、お揃いで着ているアラフォーのママ友の姿には、直視できずに目のやり場に困りました……。

徹底しているお揃いコーデはすごいけど、自分の姿をしっかり鏡で確認してもらいたい……と、実はまわりは思っています。

関連記事:ママお手上げ~(涙)3歳女の子ファッションへのこだわり強い結果…!

女の子は3歳、4歳くらいからオシャレに対してのこだわりも強くなってきます。好き嫌いもはっきりして、お洋服選びもママ任せとはいかなくなってきますね。

その分、ママにとっては姉妹のようにオシャレを楽しむこともできるので、ママたちのやりすぎエピソードが増えていくのはこの頃からかもしれません。

小さな娘は自分の分身。皆さんのまわりにも、つい可愛い娘を可愛がりすぎてしまった「やり過ぎエピソード」はあるのではないでしょうか?

【画像】

※ Yuganov Konstantin、Look Studio、michaeljung / Shutterstock

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
佐々木希を夜の浅草に連れ出したら、神々しいまでに可愛くて辛くなった
時間返せ!三菱東京UFJ銀行が社名変更するも思わず二度見
池袋東口が“巨乳女子の聖地”に
クロちゃん「真面目なこと」をつぶやいて炎上
「金も時間も損している」「コスト削ればいいという考えは無能」 人月単価が150万円の業者から70万円の業者に変えた結果がまるでイソップ童話
  • このエントリーをはてなブックマークに追加