山田孝之が齊藤工、高橋一生ら登壇「blank13」舞台挨拶に友達枠で飛び入り参加

山田孝之が齊藤工、高橋一生ら登壇「blank13」舞台挨拶に友達枠で飛び入り参加

  • ナタリー
  • 更新日:2017/09/16

第10回したまちコメディ映画祭in台東が、本日9月16日に開幕。そのオープニング作品として、俳優の斎藤工齊藤工名義で監督を務めた「blank13」が上映され、齊藤のほか、キャストの高橋一生神野三鈴、音楽を手がけた金子ノブアキが登壇した。

No image

舞台挨拶に飛び入り参加し、恐縮する山田孝之(右から2番目)。

すべての写真を見る(全22枚)

No image
No image

放送作家・はしもとこうじの実話をもとにした本作は、借金を残したまま13年前に失踪した父が余命3カ月で見つかったことから始まる家族の物語。リリー・フランキー扮する父親の空白の13年間が、彼の葬儀の参列者が語るエピソードによって埋められていく。上映前のトークでは、第15回ウラジオストク国際映画祭にてリリー、高橋、そしてキャストとして出演もした齊藤がベストアクター賞を受賞したとの報告が。本来は1作品につき1人の受賞となるが、今回は特別に3人へ授与されたという。齊藤は「僕はおまけです」と言いつつ、「ロシアの方たちにも心で受け止めていただくことができたのでは」としみじみ語った。

No image

上映後にはティーチインが行われ、本作のキャストである大水洋介ラバーガール)や、高橋演じるコウジの少年時代を演じた大西利空も参加。劇中では赤の他人の華やかな葬儀が行われるさまも映し出されることから、観客から「華やかに葬られた人とコウジの父親、どちらの人生が幸せだったと思うか」と質問が挙がった。高橋は自分の回答の番になると「たぶん、どうしても比べてしまうと思うんです」と切り出す。そして「自分の人生を自分が肯定しないと、人生って始まらない。隣の庭ばかり見てしまいがちですけど、まず自分の庭をきれいにしていこうというメッセージもこの作品に含まれていると思うんです」と語り、「とても幸せな作品だと思いますし、葬式の規模が大きいとかではなく、どれだけその人のことを思うかが大切。だから僕は甲乙付けがたいです」と答えた。

No image

父親の思い出を語るシーンの撮影について尋ねられると、齊藤は「基本的にカメラ2台で長回し。関係性や流れだけお伝えしていて、後半はドキュメントでした。何が起きても撮り続けるという演出としては乱暴な方法でしたが、何かトライしたいという気持ちがあったので」と説明する。大水が「村上淳さんが『俺さっさとやって終わらせるから』って言ってたんですけど ……“フリ”でしたね。まさか歌ったり小道具を仕込んでくるとは……」と笑いをこらえきれなかったことを明かすと、高橋も「そうですね。僕も自分の目線で見ていたら絶対吹き出しちゃう」と同意。「親父ってこういう人たちと知り合っていたんだ……という考えになんとか意識を向けて乗り越えました」と思わぬ苦労を語った。

No image
No image

終盤に差し掛かり、齊藤が「“友達枠”として、日本映画の救世主をゲストを呼んでいます」と告げると、ステージの袖から山田孝之が登場。意外なゲストに会場が大きく盛り上がる一方、「僕は全然関係ないんですけど……」と恐縮しきりの山田は「近々お会いしたいねって齊藤さんと連絡を取り合っていたところ、『16日とかどうですか? 高橋くんとか金子くんもいるけど』と言われて、みんないるんだったら行っちゃおうかなー!って」と来場するに至った経緯を報告する。齊藤が「山田さんは映画のプロデュースもされているので、映画ファンからすると面白い存在。いつかご一緒できたら。孝之さんと一生さんが一緒とか最高じゃないですか!?」と問いかけると、会場から歓声が。映画祭総合プロデューサーのいとうせいこうも「ここからまた何か生まれたら面白いですね!」と大いに喜んでいた。

「blank13」は2018年2月3日より東京・シネマート新宿にて公開。

(c)2017「blank13」製作委員会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
武井咲×TAKAHIROだけじゃない! 19歳で妊娠も...芸能界の衝撃できちゃった結婚6例!
キンタロー。が夫をGPS監視しながら送ったLINEが怖すぎる!
川島なお美さんの夫・鎧塚俊彦氏に心境の変化
結婚の可能性が限りなくゼロに近くなった市川海老蔵と小林麻耶
元SMAPの3人の「新しい地図」にファン騒然 「中居と木村を裏切った」と非難の声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加