ロッテ逆転負けで2連敗、伊東監督は今季限りでの辞任表明

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/13

「ロッテ3-6西武」(13日、ZOZOマリンスタジアム)

西武が2連勝でカード勝ち越し。二回に炭谷の左中間適時二塁打で1点を先制。六回は浅村の右犠飛で2点目。2-3の九回は栗山の右犠飛で同点とし、炭谷の左前適時打で再逆転。金子侑の左線適時二塁打などでこの回4点を奪った。

先発・ファイフは六回途中6安打3失点。

伊東監督が今季限りでの引退を表明したロッテは2連敗。0-2の六回に中村の左線2点二塁打で同点とし、続く鈴木の右前適時打で1点を勝ち越したが、九回に逆転された。先発・二木は7回5安打2失点。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鳥谷敬の三塁コンバートは成功したのか...データで見る昨季との貢献度の差
あの宇部商「サヨナラボーク」の真実を、捕手・上本達之が明かす
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
巨人V10阻止、赤ヘル軍団「生みの親」...球史に名を残した歴代外国人監督
西武・多和田 2戦連続完封 2位・楽天の背中見えた1.5差
  • このエントリーをはてなブックマークに追加