「妖怪人間ベム」放送50周年、ギャグアニメで復活 設定は現代、キャラも変化

「妖怪人間ベム」放送50周年、ギャグアニメで復活 設定は現代、キャラも変化

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/12

放送から50周年を迎える怪奇アニメ「妖怪人間ベム」が、ギャグアニメとして復活する。新作の「俺たちゃ妖怪人間」が、10月からTOKYO MXなど全国で放送。おなじみのベム、ベラ、ベロの3人が登場する。

No image

「妖怪人間ベム」が放送されてから50年。ギャグアニメ「俺たちゃ妖怪人間」として復活(C)ADK/DLE

1968年にテレビ放送され、「早く人間になりたい!」のセリフで人気を誇った作品。人間になろうとする妖怪人間の苦悩を描き、何度も再放送されては子供たちの心をつかんできた。10月に放送50周年の節目を迎え、改めて作品に光を当てるプロジェクトが始動。オリジナルの68年版、06年版とともに、新作「俺たちゃ…」が放送されることになった。

「俺たちゃ…」は妖怪退治のないギャグアニメ。設定は現代で、舞台は東京・新宿の歌舞伎町にそっくりな「歌魔羅(かまら)町」。ベム、ベラ、ベロは、ホストクラブで働いたり、コミケで同人誌を売ったりと、現代人の生活を経験しながら人間を目指す。下品なギャグや社会風刺もたっぷりで、プロデューサーは「現代にこの3人がいたとしたら、どのような生活を送るのだろうという発想で作った」と話す。

キャラ設定は原作を踏襲しつつ、ギャグアニメという内容に沿った形に変化。ベムはバカ真面目でむっつりスケベ、ベラは人間嫌いのドエロ姐(ねえ)さん、ベロはお調子者の金欲小僧。声はベムを杉田智和(36)、ベラを倉科カナ(29)、ベロを須賀健太(22)が担当する。倉科は初のアニメ声優で「声優デビューをちょっと下品で、ゆるい感じの作品にささげられ、心の奥底ではとっても光栄に思っています」と話した。

新作は50周年プロジェクトの第1弾。今後もさまざまな企画が用意されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
志村けんの相変わらずセクハラ全開「昭和的コント」に視聴者が...
泉里香が「カンナさーん!」にゲスト出演が決定!
主演作連発も『東京喰種』『ジョジョ』大コケで......“独立独歩”スターダストの正念場
イッテQも!?「ロケ中止」の裏事情とは
「イッテQ」が手越祐也に容赦ない仕打ち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加