ドローンによる業務を自動化する「SENSYN FLIGHT CORE」3Dルート作成機能追加

ドローンによる業務を自動化する「SENSYN FLIGHT CORE」3Dルート作成機能追加

  • ASCII.jp
  • 更新日:2019/06/06
No image

「SENSYN FLIGHT CORE」壁面スキャン機能

センシンロボティクスは6月4日、業務自動化統合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」に、3Dルートを作成できる機能を追加したと発表。

今回のアップデートにより、壁面スキャン機能と3Dウェイポイント機能を追加。壁面撮影、2面撮影が可能になり、建物の壁面撮影を簡単にできるようになったという。

壁面スキャンは、倉庫や工場、マンションといった建物の壁面撮影を、簡単な設定で実現。一面だけでなく、複数面での撮影も可能としている。

3Dウェイポイントは、これまで平面マップ上でのみ設定ができていたウェイポイント機能が3Dマップに対応。立体構造物に対する撮影の際に、同じ箇所で高さを変えて撮影をするようなシチュエーションでのルート設定がしやすくなるという。壁面スキャンでは対応しきれないさまざまな構造物に対しての自動撮影ができるようになる。

No image

従来の2D画面

No image

3D画面

従来、産業におけるドローンの活用にはドローンの操縦・撮影など専門のスキルが必要だった。特に建物などの特定の箇所を撮影するとなると、撮影の難易度はさらに上がる。同プラットフォームを利用することで、特別な技術がなくても簡単にドローン飛行の設定ができるようになるとしている。

■関連サイト

ニュースリリース

SENSYN FLIGHT CORE

センシンロボティクス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ケースを付けるだけでスマホの温度が5°C下がる、冷却スマホケース「HEATSINK-5°C Cool」
きわめて危険、しかも違法な携帯の充電方法
「切って貼れる」ライト...? ベッド下やソファ下に照明なんてホテルみたいだな...
宇宙戦闘交易ADV『Rebel Galaxy』がEpic Gamesストアで無料配布を開始―現地時間6月27日まで
ニトリのマットレス売れ筋ランキングTOP5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加