ソフトバンク3発で逃げ切り、楽天は好機生かせず

ソフトバンク3発で逃げ切り、楽天は好機生かせず

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/17
No image

ソフトバンク対楽天 楽天打線を相手に力投する東浜(撮影・栗木一考)

<ソフトバンク5-3楽天>◇17日◇ヤフオクドーム

ソフトバンクは2回に松田の3号2ランで先制。3回にも柳田の3号2ランで加点。楽天は3回2死満塁の好機を生かせない。

楽天は4回1死一、二塁からアマダーの左前適時打で1点を返すと、6回には今江、岡島の2本のソロ本塁打で1点差とした。

ソフトバンクは7回、代打福田が1号ソロを放ち勝負を決めた。楽天は11残塁と打線のつながりを欠いた。東浜は今季初勝利、楽天岸は今季初黒星。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武 代打・栗山V打「自分のスイングだけ考えた」4月勝ち越しも慢心なし
西武菊池雄星5失点も4勝「助けていただきました」
中日モヤ4安打点火!連敗脱出モヤモヤ一掃20安打
久保康友 米独立リーグの球団と合意 阪神、DeNAなどでプレー
鷹・今宮が難病の高校球児へバット 「サインはしない」の言葉に込めた思い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加