まもなく暖房シーズン 4つの電気代の節約術

まもなく暖房シーズン 4つの電気代の節約術

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2019/11/23
No image

2019/11/20 06:29 ウェザーニュース

11月後半になり、朝晩はますます寒くなってきました。
本格的な暖房シーズンに入る前に、今回は気になる光熱費を抑えるコツをご紹介します。

光熱費は晩秋から増える

No image

「総務省統計局家計調査 家計収支編」によると、全国における2人以上世帯の光熱費は、春から夏にかけてのシーズンよりも、秋から冬にかけての方が多く、とくに晩秋の11月から上がりはじめ、2月から3月にピークを迎えることがわかります。
資源エネルギー庁の、家庭におけるエネルギー消費量の内訳(2015年)をみると、冷房は2.2%に対し暖房は22.4%を占めていて、これからの季節に光熱費が増えるのも頷けます。

光熱費を抑えるには?

「資源エネルギー庁省エネ性能カタログ2017年冬版」から、できるだけ光熱費を抑えるためのポイントをまとめました。

1、室温を20℃に保ち、必要な時だけつける

エアコン使用時に室温を20℃に保った場合は、年間の電気代が約1.430円節約できます。
また、必要なときだけつけた場合は、約1.100円お得に!
ガスストーブにおいては、1日あたり1時間運転を短縮すると、年間でガス約12.68立方メートル、ガス料金に換算すると約2.280円の節約になります。

2,こまめなフィルター掃除

エアコンのフィルターを月に1回か2回掃除すると、年間の電気代が約860円節約できます。
2週間に1回の掃除を心がけると良さそうです。
ファンヒーターにおいても、フィルター掃除で効率がアップします。

3、扇風機などで空気の循環を

暖かい空気は軽いため、天井付近にたまりがちです。
扇風機やサーキュレーターで風を循環させて、部屋全体を暖めると良いでしょう。

4、買い替え時は省エネ性能ラベルを確認

エアコンに貼られているラベルは、星の数で省エネ性能を表していて、星の数が多いほど省エネになります。
1年間使用した場合の目安電気料金も記載されていますので、要チェックです。

少しの手間で光熱費を節約することができますので、試してみてはいかがでしょうか。

参考資料など

・総務省統計局家計調査家計収支編
www.stat.go.jp/data/kakei/index.html

・資源エネルギー庁省エネ性能カタログ2017年冬版
www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/general/more/pdf/winter2017.pdf

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エアコンで暖房を入れても暖かくならないのはなぜ?答えは○○○にあった!
「簡単なことなのに、男はほとんどしてくれない...」女が交際中の男にして欲しい行為とは?
同じ食品なのにイギリスとアメリカでこんなに違う!7つの食品成分表比較
『ブラタモリ』姫路城で可愛すぎるゲストと遭遇 その行動にタモリ感激
価格別「自分へのご褒美」はこれが欲しい!ライフハッカー[日本版]編集部の物欲まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加