悩ましい「中島翔哉の活用法」。日本代表は「背番号10優遇」のシステム変更も考慮すべきだ

悩ましい「中島翔哉の活用法」。日本代表は「背番号10優遇」のシステム変更も考慮すべきだ

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/11/22

日本代表の悩みどころのひとつが、中島翔哉の活用法だろう。
 
 1-4で大敗した11月19日のベネズエラ戦でこのナンバー10は、個の力で対抗できた唯一のアタッカーだった。所属するポルトで控えに甘んじる関係もあり、コンディションやプレー感覚はベストとは言い難かったが、随所で持ち前のテクニックや創造性、縦の推進力を発揮。『OPTA』によれば、タッチ(82)、シュート(6)、クロス(9)、デュエル(21

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加