WordPressに脆弱性、アップデートを

WordPressに脆弱性、アップデートを

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/10/16
No image

United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は10月15日(米国時間)、「WordPress Releases Security Update|CISA」において、WordPress 5.2.3およびこれよりも前のバージョンのWordPressに複数の脆弱性が存在すると伝えた。これら脆弱性を悪用されると、攻撃者によって影響を受けたWebサイトの制御権が乗っ取られる危険性があるとされており注意が必要。

脆弱性の詳細は次のページにまとまっている。

News - WordPress 5.2.4 Security Release - WordPress.org

Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA)はユーザーおよび管理者に対し、上記のセキュリティ情報をチェックするとともに、WordPress 5.2.4へアップグレードすることを推奨している。

WordPressは世界で最も多く使われているCMS (Content Management System)。Q-Successの発表によれば、2019年10月におけるWordPressのシェアは全Webサイトの34.6%で、第2位のJoomlaの12倍以上のシェアを確保している。

日本は世界の中でも特にWordPressのシェアが高いとされており、脆弱性の影響を受けやすいと見られる。迅速にアップデートを適用することが望まれる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
結局、ノートパソコンは電源につなぎっぱなしにして良いの?ダメなの?
Photoshopレベルの加工を一瞬で行うカメラアプリ「Photoshop Camera」を一足先に触ってみました
宇宙に「低スペックなCPU」しか持って行けない理由とは?
Slack、新たに「Slack サービスパートナープログラム」を開始
デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加