ソフトバンクが日本企業の米国進出を支援 - IoT製品において

ソフトバンクが日本企業の米国進出を支援 - IoT製品において

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/11/29

ソフトバンクは11月30日より、小売業を営む米国・b8ta(ベータ)と連携し、IoT製品を開発する日本企業の米国進出をサポートすると発表した。

No image

b8taは、店舗の在庫状況などをリアルタイムに把握できる仕組みをメーカーに提供するなど、新しい形の小売業を行う企業。本社は米国カリフォルニア州サンフランシスコで、パロアルト、サンタモニカ、ワシントン州シアトルで店舗を運営している。

今回の連携により、米国で自社のIoT製品を販売したい日本企業をb8taに紹介するなど、米国進出に向けたサポートを行う。また、米国で製品を販売するために必要な認証取得や、英語のホームページ作成などを円滑に進めるためのパートナーを紹介。さらに、新しいIoT製品などの開発・普及を目指すプロジェクト「Future Marketing Unit」を通じて、ソフトバンクショップで展示・販売を行う予定となっている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
年末のAmazon祭り! 「サイバーマンデーウィーク 2016」 6日からスタートです
2万円台でお手頃なAnkerのエントリーモデルのロボット掃除機「RoboVac 11」を使ってみた
最新版iOSでも危ない!開くだけで電話がかかってしまうリンクを公開した少年が逮捕
アウディ、スケールモデルで自動駐車に成功...人工知能搭載
ドスパラ、納期最短3日のワークステーション「DP EXPERT」を発表 - 9日から店頭展示も開始

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加