最新LANケーブル、「長さ100メートル」だとお値段いくら?―IO DATAでは5.9万円

最新LANケーブル、「長さ100メートル」だとお値段いくら?―IO DATAでは5.9万円

  • インターネットコム
  • 更新日:2018/02/14
No image

動画・画像が表示されない時はこちら

アイ・オー・データ機器が取り扱う10ギガビットのLANケーブルに長さ50mの「LC-10G/50M」、100mの「LC-10G/100M」という2種類が登場した。希望小売価格は前者が3万円(税別、以下同じ)、後者は5万9,000円になる。

【Wi-Fi?男は有線だ!―持ち歩けるギガビットLANケーブル、旅のお伴にぴったり?】

従来の1ギガビット(1000BASE-T)仕様に比べて高速な10ギガビット(10GBASE-T)のLANケーブルは、徐々に普及が進んでいる。10GBASE-Tに対応したサーバーや機器と組み合わせることで、機器間の超高速通信が可能になる。

4K動画など大容量データの転送やバックアップ作業時間などを大幅に削減し、通信環境の快適さを高める。LANポートとの抜き差しで破損しやすいコネクターのツメを保護する、ツメ折れ防止カバーを採用。ハブに接続した際も隣のケーブルと干渉しないスリム設計。またPoE(Power over Ethernet)に対応し、データ送受信と電源供給を同時に行える。

ただし、1~20mの長さのケーブルが持つ曲げやすさは、この50~100m級のケーブルにはない。他方で2重シールド構造を採用し、外からのノイズの影響を受けにくく、特に電子機器が多く設置している場所などでの配線に適している。100mのケーブルはもっぱら講演会会場や多目的フロアなど広めの会議室での配線向けとなる。

【MacBook Pro用のケース「DOCKCASE」-USB 3.0、HDMI、SDカード、有線LANを使用可能に】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
2.45インチ画面の極小スマホ「Unihertz Jelly Pro」国内版ファーストインプレ。技適あり、国内MVNOのAPNも登録済み
Amazonが「タイムセール祭り」開催するよ~!
NVMe SSD×3とSAS/SATA HDD×16を同時に使えるRAIDカード
ロボットに多大なストレスを与える、ボストン・ダイナミクス社恒例のテスト風景
  • このエントリーをはてなブックマークに追加