続々登場!ベトナムサンド「バインミー」専門店

続々登場!ベトナムサンド「バインミー」専門店

  • ニュースウォーカー
  • 更新日:2017/11/15
No image

「バインミーシンチャオ」の「ミチャバインミー」(530円)。チャーシュー、ベトナムの豚ハム、レバーペーストなどにたっぷりのパクチーを挟んだ

「バインミー」とは、ベトナム風サンドイッチのこと。このベトナム版ファストフード、バインミーの専門店が、ここ数年都内で増殖中だ。今回はそんなバインミー専門店から注目の3軒を紹介しよう。

「エビスバインミーベーカリー」の「牛筋焼肉のバインミー」(630円)。ゴロゴロ入った牛スジ焼肉となますの爽やかさ、 パクチーの風味とパンのサクッとした食感がマッチ

バインミーの具材に何を挟むかは自由だが、主に肉系の具材と一緒に大根とニンジンのなます、パクチーをはさむのが一般的。あっさり食べられるうえ、野菜もたっぷりでヘルシーなのが嬉しい。

ちなみに、水分が多い具材が多いので、買ったらすぐに食べるのがオススメ!各店舗で味の個性もあるので、お気に入りの一店を見つけてみよう。

■ 「バインミーシンチャオ」(高田馬場)

2016年10月にオープンした同店。ベトナム人留学生兄弟が起業した。店には故郷の味を求め、ひっきりなしに近隣在住のベトナム人が訪れる。

■ 「エビスバインミーベーカリー」(恵比寿)

今年8月、えびすストア内にオープン。ベトナム北部ヴィンフック省の老舗ベーカリーで学んできたという本場の味が食べられる。

■ 「バインミーバインミー」(渋谷)

2016年7月に東急フードショーにオープンしたテイクアウト専門店。外はさっくり、中はふわふわの本場に近いバゲットの再現を目指した。

【東京ウォーカー】(東京ウォーカー・編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

お店カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
金箔をまるまる1枚のせたソフトクリームも!京都・銀閣寺参道に金箔・銀箔専門カフェ「箔匠きんとぎん」
【牡蠣グルメ】具が全部牡蠣の極上オイスターシチューを食べる / グランド・セントラル・オイスターバー&レストラン
【やっと出会えた】沼袋「ごたる」博多ラーメンの優しさに包まれて--上品なのに柔軟で、芯のあるあの子(一杯)
通をもうならせるようなカレーを提供する「メガネカレー」のカレーとは?【福岡】
丸の内のメリーズ カフェ内にメリーチョコレートの新ブランド「RURU MARY’S」東京第1号店オープン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加