【藤田俊哉の目】反省すべきハイチ戦でプロフェッショナルだったのは長友。何をすべきか理解していたのは...

【藤田俊哉の目】反省すべきハイチ戦でプロフェッショナルだったのは長友。何をすべきか理解していたのは...

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2017/10/12
No image

10月シリーズで2戦連続ゴールを放った倉田。さらなるアピールに期待したい選手だ。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

No image

代表初スタメンを飾った小林は、チームメイトに細かく修正の指示を送るなど、自分が何をすべきか理解していた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

No image

ハイチ戦での数少ない好材料は、長友が見せたプロフェッショナルな姿勢だった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

10日に行なわれたハイチ戦は、3対3のドローに終わったね。

久しぶりに現地観戦して代表戦の雰囲気を味わったけれど、こんな結果になるとは想像もしていなかった。FIFAランキングが近いチームの対戦(日本は40位、ハイチは48位)だったとはいえ、2点のリードを守り切れなかったことには、大いに反省点が残る。

スタートは上々だった。序盤で相手のミスを突いて2点のリードを奪って理想的な滑り出しを見せた。そこまでは良かった。しかし、28分に失点してからチームのリズムが狂い始めた。

縦パス1本で簡単にマークを剥がされた1失点目しかり、セットプレーから不意を突かれた2失点目しかり、シュートブロックの寄せが甘くてミドル砲を叩き込まれた3失点目しかり。失点シーンのほとんどは一瞬の気の緩みが原因だったが、2点のリードを奪ったのであれば、完全にゲームコントロールしてほしかったよね。

代表キャップ数が一桁台の選手がスタメンに6人いたけれど、経験不足はエクスキューズにはならない。「2対0」から「2対3」にされるという展開なんて代表戦で見たくない。後半アディショナルタイムに香川のゴールでドローに持ち込んだものの、とても喜べない状況だった。ゲーム内容に関しても、ポジティブな点を挙げればいいのか…。代表戦では珍しく考え込んでしまった。

本当ならば、2対0になった時点で、チームとしてゲームをコントロールしていく態勢に入っていくものだが、戦い方の意思統一がなされていなかったように見えた。最終ラインを下げてカウンター狙いへとシフトしていくべきか。それとも、高い位置からプレスをかけ続けるのか。どちらを選択しても3点、4点、5点と追加点を狙える状況だった。

センターラインの軸が揃って不在だったとはいえ、代表に選ばれる選手ならば、そうしたコミュニケーション能力と状況判断力を持ち合わせているはずだが、この試合は個々のジャッジがあらゆる場面で甘かった。だから「2対0」から「2対3」というスコアになってしまったのだろう。

逆に言えば、個々のジャッジ、つまり個々のプレーが正しければ、自然と「2対0」から「3対0」、「4対0」という展開になっていたはずだ。しかし、そうした戦い方がチームとしてできなかったのだから、テスト組に対して「合格点」を与えることはできない。 ハイチ戦はテストマッチという位置づけだったが、仮に、試合内容を度外視したとして、果たしてどれだけの選手がハリルホジッチ監督の目に止まったか。たしかに、倉田秋は2試合連続ゴールを奪い、杉本健勇も代表初ゴールを奪って一定のアピールに成功したと言えるかもしれないが、指揮官からしたら、個々の結果よりも、ワールドカップの本番で、このような戦い方を演じるリスクは避けたいと考えるのが正直なところだろう。

やはり、どんな試合においても、チームの勝利が最優先されるべき、というのが僕の見解だ。あくまでも個々の結果は二の次。個々の結果とチームの結果、そのバランスが悪くなれば、選手の評価も下がるのは当然だ。

言うまでもなく、ベストなバランスは「選手が結果を出し、チームが勝つこと」だ。次は「選手は結果を出せなかったが、チームが勝つこと」で、その次に「選手が結果を出し、チームが負けること」。そして最後は「選手が結果を出せず、チームも負けること」である。

この日のハイチ戦に当てはめて考えると、3番目の関係性だ。何人かの選手は結果を出したが、チームとして結果を出せなかった。言い換えれば、選手は3番目の結果のなかでアピールしたにすぎない。プロとして大事なのは、チームが勝つために、どのように自分の武器を生かしてプレーをすべきか、を考えなければいけない。プロならば、自分のアピールだけにとどまってほしくない。

そういった視点で見れば、長友佑都はプロフェッショナルだった。

彼の前へ前へというプレーが、チームに勢いを与えていた。“背後”を取る意識が、他の誰よりも高かった。長谷部誠の代わりにキャプテンマークを巻いてプレーする意味も理解していた。自分がなにをすべきか理解してプレーしていた。

テスト組のなかでは、個人の結果こそ出せなかったが、小林祐希もチームに対して要求できる選手だったことを証明していた。たとえば、縦パスを入れる際、受け手とのタイミング、味方に対して“いてほしい”ポジショニングなどの修正指示をしていた。そうした彼のジェスチャーを見るかぎり、自分がなにをすればいいのか、理解していた。 さて、このようにハイチ戦では考えさせられるべきことがたくさん見えたが、この日の日本は、ほとんどの選手が“大人のフットボール”ができていなかった。だから、ゲームをコントロールできなかっただけの話である。

シンプルに考えれば、ワールドカップの本番で求められるのは、“大人のフットボール”である。結局のところ、大会を勝ち抜くというのは、状況に応じてプレーしていく、ということなのだから。

我々が目指すべきは、ワールドカップ本番で勝ち抜くことであって、そのために、チームとしてなにをしなければいけないのか。それだけに絞って人選していくべきだ。

つまり、「チームに貢献できる選手」というテーマで考えた場合、ハイチ戦で分かったことは、レギュラー組と準レギュラー組の間には、明確な差があったということだ。主軸不在の影響がモロに出た結果となったことを、どう受け止めるか、そして次にどう活かしていくか。

もっとも、チームの成長には若手の成長が不可欠なのだから、ハイチ戦の結果だけで準レギュラー組に見切りをつける必要はない。“テスト組“がこの経験を糧に、11月シリーズのブラジル戦、ベルギー戦、そして12月の東アジア選手権で訪れるであろう“チャンス”を活かして、大化けしてくれることを楽しみにしている。

◆プロフィール
藤田俊哉(ふじた・としや)/1971年10月4日生まれ、静岡県出身。清水市商高-筑波大-磐田-ユトレヒト(オランダ)-磐田-名古屋-熊本-千葉。日本代表24試合・3得点。J1通算419試合・100得点。J2通算79試合・6得点。J1では、ミッドフィルダーとして初めて通算100ゴールを叩き出した名アタッカー。2014年からオランダ2部VVVフェンロのコーチとして指導にあたり、16-17シーズンのリーグ優勝と1部復帰に導いた。新シーズンよりイングランドのリーズ・ユナイテッドでスタッフ入り。また、今年7月より藤田俊哉×H.I.S.ブログ『藤田俊哉サロン』がスタート(http://www.sports-his.com/fujitai_column/index.html)

【PHOTO】日本×ハイチ戦の美女サポーターたち❤

【日本代表PHOTO】2点を先行も崩壊し、ハイチと引き分けるのが精一杯

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本維新の会・松井代表「地元大阪においても競り負けた」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加