最新ランキングをチェックしよう
松本清張、社会派ミステリー布石となった時代小説 珍しく痛快な結末も

松本清張、社会派ミステリー布石となった時代小説 珍しく痛快な結末も

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/10/17

松本清張著『無宿人別帳』文春文庫

 小説家の松本清張は、社会が生み出した「悪」の問題に小説を通して、訴え続けてきました。虐げられていた主人公が復讐を遂げるタイプの清張作品の多くがたどる結末は、主人公がそのまま平然と生きのびたり、幸せになったりすることは許されていません。しかし、時代小説の短編連作として発表された『無宿人別帳』は、清張らしからぬスカッとする結末が用意されています。社会派ミステリー作

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
「日本文具大賞2018」の優秀賞に選ばれた10商品はコレだ!
ニコ生主「暗黒放送の横山緑」こと久保田学さんが議員に 立川市議選で当選確実!
仮設トイレが内容物を撒き散らしながら空を舞う悪夢の光景
北海道日本ハム・斎藤佑樹が“定期的に先発”できるワケ......「入団時に交わされた密約」とは
大傑作『万引き家族』、松岡茉優の谷間に見とれる祥太に男の成長を見た!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加