最新ランキングをチェックしよう
松本清張、社会派ミステリー布石となった時代小説 珍しく痛快な結末も

松本清張、社会派ミステリー布石となった時代小説 珍しく痛快な結末も

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/10/17

松本清張著『無宿人別帳』文春文庫

 小説家の松本清張は、社会が生み出した「悪」の問題に小説を通して、訴え続けてきました。虐げられていた主人公が復讐を遂げるタイプの清張作品の多くがたどる結末は、主人公がそのまま平然と生きのびたり、幸せになったりすることは許されていません。しかし、時代小説の短編連作として発表された『無宿人別帳』は、清張らしからぬスカッとする結末が用意されています。社会派ミステリー作

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セブンティーンモデル・久間田琳加、映画初主演に喜び「撮影が楽しみ」
最低作品賞・最低監督賞・最低脚本賞ノミネート! 「絵文字の国のジーン」は何がそんなにダメなのか
大事なのは「優先順位」を固定しないこと。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』押井守監督の制作秘話
革命家のこだわり──スティーブ・ジョブズのBMW Z8
<高橋一生×齊藤 工インタビュー>同世代2人が互いに抱く“特別な思い”「半ば諦めかけていた」奇跡のタッグ実現の裏側
  • このエントリーをはてなブックマークに追加