最新ランキングをチェックしよう
松本清張、社会派ミステリー布石となった時代小説 珍しく痛快な結末も

松本清張、社会派ミステリー布石となった時代小説 珍しく痛快な結末も

  • THE PAGE
  • 更新日:2017/10/17

松本清張著『無宿人別帳』文春文庫

 小説家の松本清張は、社会が生み出した「悪」の問題に小説を通して、訴え続けてきました。虐げられていた主人公が復讐を遂げるタイプの清張作品の多くがたどる結末は、主人公がそのまま平然と生きのびたり、幸せになったりすることは許されていません。しかし、時代小説の短編連作として発表された『無宿人別帳』は、清張らしからぬスカッとする結末が用意されています。社会派ミステリー作

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
やった~!ミニストップで昨年一番売れたパフェ、今年も食べられるよ~!
「あなたの性癖はとても変」国際的なハッカーグループの一員を装った詐欺が頻発!:世永玲生の電網マイノリティ
CAがフライト中にプロポーズされる → 会社から解雇
大坂なおみの試合「なんで立川なんかで...」古市憲寿が『また』うっかり失言
【日本】黒い不思議な雲か煙のようなものが撮影され話題に!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加