ミランの中国投資グループへの売却は越年と伊紙

ミランの中国投資グループへの売却は越年と伊紙

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/11/30
No image

ベルルスコーニ会長(写真は2014年10月)

ACミランの中国の投資グループへの売却が当初、予定されていた来月13日のクラブの株主総会から、年明け以降に延期される可能性が出てきたと30日付の伊紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。同紙は、売却は来年1月31日から2月15日の間になるのではないかとみている。

ACミランは投資グループに、シルビオ・ベルルスコーニ会長(80)が保有する99・93%の株式を、7億4000万ユーロ(約888億円)で売却することになっていて、既に手付金として1億ユーロ(約120億円)を受け取っている。ベルルスコーニ会長が設立した、ASミランの親会社の持ち株会社フィニンベストは、第2回の支払金として8000万から1億ユーロを支払うよう、投資グループと交渉しているという。

その上で、ガゼッタ・デロ・スポルトは、1月の移籍市場についての動きには、投資グループ側の承認がいると報じた。同紙は放出候補としてFWバッカ、ルイス・アドリアーノに加え、日本代表FW本田圭佑の名も挙げているが、放出する場合も中国側の承認と買い手が必要となると報じた。

同紙は24日付で、売却が決まらなかった場合は、ベルルスコーニ会長が「私は喜んでミランを取り戻す。もし売却が決まらなければ、イタリア人の若手でチームを作り上げていく」と宣言したと報じた。また同会長は、売却が成立した場合も「移籍市場や試合でのシステムなどに意見を言うことができるなら、中国人オーナーになった後、名誉会長の役職を引き受ける。ガッリアーニ副会長も残るという条件も入れたい」と“院政”を希望したことも報じている。(波平千種通信員)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
<サッカー>中国クラブからの“破格の条件”を拒否した槙野智章に、中国のサッカーファンの反応は...
内田が1年9カ月ぶり復帰「サッカー人生取り戻す」
サッカー史上「もっとも姑息なPK」がコレだ!!
CL連覇を狙うR・マドリー。2位通過はむしろラッキーだった!?
【EL】内田、1年9か月ぶりに復帰! 南野の決定的なシュートを防ぐ場面も

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

おすすめの特集

おもしろい・役立つ記事をピックアップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加