浦和レディース大喜び待望の風呂「紅陽の湯」完成

浦和レディース大喜び待望の風呂「紅陽の湯」完成

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2016/10/19
No image

新たに作られた浴槽に入り記念撮影する浦和レッズレディースの選手たち(C)URARA REDS

浦和レッズレディースは18日、さいたま市内にある練習場のクラブハウス内に完成した選手専用浴室を、報道陣に披露した。

スポンサーの株式会社太陽による支援で建設されたもので、浴室の広さは約15平方メートル、浴槽は約9平方メートル。浴槽は2つに別れており、温冷交代浴もできる。クラブハウスの倉庫だった場所を改築した。これまではシャワーしかなかっただけに、疲労回復に大きな力となりそうだ。選手たちからは浦和のカラーである「レッド」と、株式会社太陽の「陽」を取って「紅陽の湯」と名付けられた。

主将のFW後藤三知(26)は「冬場に気温が下がると、足の指が凍るように感じる。汗と一緒に体が冷える。お風呂で温まれたらありがたい。夏場も冷たい水でクールダウンできる」と喜んだ。

建築物の改修や施工などを手掛ける株式会社太陽の阿部悠久子代表は3月に、後藤、MF猶本光(22)と対談。その際に、選手たちが「(クラブハウスに)湯船があれば」との願いを持っていると知り、「任せて」と浴室の建設を決めたという。阿部代表は「お風呂がないことにビックリした。『いいわよ』というぐらいで引き受けました。いつも頑張っている皆さんの筋肉が何とか少しでもほぐれて、次の日に備えてもらえることができればと思います」と話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
試合巧者ぶり光った鹿島、ベンチワークでも上回り逆転V
岩政・矢島だけじゃない! PO決勝進出、ファジアーノ岡山の躍進支える選手たち【編集部フォーカス】
鹿島選手も複雑、勝ち点差15の下克上V「個人的にこのルールはどうかと...」
鹿島が逆転で浦和下し“下克上V”! 7年ぶり8度目のJ1制覇達成
「複雑な優勝」CS制度に疑問呈した鹿島DF昌子「もし浦和さんの立場なら...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加