【MLB】40歳ベルトランが引退 今季悲願の世界一、両打ちで史上4位の435本塁打

【MLB】40歳ベルトランが引退 今季悲願の世界一、両打ちで史上4位の435本塁打

  • フルカウント
  • 更新日:2017/11/14
No image

引退を表明したアストロズのカルロス・ベルトラン【写真:Getty Images】

ポストシーズンで勝負強さ発揮、将来の野球殿堂入りも

アストロズで自身初の世界一に輝いた40歳のカルロス・ベルトラン外野手が、今季限りでの現役を引退することになった。元ヤンキースのスーパースターで、マーリンズの共同オーナーに就任したデレク・ジーター氏が運営するウェブサイト「プレイヤーズ・トリビューン」に寄稿した記事の中で明かしている。

ベルトランは1998年にロイヤルズでメジャーデビューすると、99年には打率.293、22本塁打、108打点で新人王に。メジャー20シーズンで9度のオールスター出場、3度のゴールドグラブ賞、2度のシルバースラッガー賞に輝いた。

ヤンキース時代の2016年には、スイッチヒッターとして史上4人目の通算400本塁打をマーク。通算435本塁打は、ミッキー・マントル(536本)、エディー・マーレイ(504本)、チッパー・ジョーンズ(468本)に続いてスイッチヒッター史上4位の記録となっている。

また、プレーオフでは通算65試合出場で打率.307、16本塁打、42打点と勝負強さを発揮。自身7度目のポストシーズン出場となった今季、悲願の世界一に輝いた。

メジャー通算では2586試合出場、打率.279、435本塁打、1587打点、312盗塁。将来の米国野球殿堂入りの可能性も高いと見られている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大谷の「必要性」全30球団最高レベル FAマトリックスで分析
MLB公式サイトがすべての「5つ星」キャッチ公開 イチローの美技も登場
グリエルの人種差別行為が全米に波紋。ダルは不快感、本人は「謝罪したい」
“世界一稼いだモデル”に異変!22歳・年収約25億円のケンダル・ジェンナーが1位に
上原を「ヤンキースが獲るべき選手」候補に 米サイト報じる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加