「ゲーム・オブ・スローンズ」ソフィー・ターナーが主演 墜落事故から生還した少女の実話を映画化

「ゲーム・オブ・スローンズ」ソフィー・ターナーが主演 墜落事故から生還した少女の実話を映画化

  • 映画.com
  • 更新日:2017/11/14
No image

ソフィー・ターナー Photo by Gregg DeGuire/WireImage

「ゲーム・オブ・スローンズ」のサンサ役で知られる若手女優ソフィー・ターナーが、ペルー航空機墜落事故で奇跡的に生還した少女の実話を描く新作「Girl Who Fell From the Sky(原題)」に主演することがわかった。

1971年のクリスマスイブ、17歳のユリアナ・ケプケは父親と会うために、リマからイキトスへ向かうペルー航空508便に母と搭乗していた。しかし、飛行機は乱気流と落雷に遭遇し、1万フィート上空からジャングルに墜落。91名の乗客のうち、ケプケだけが一命をとりとめた。ケプケは11日間、危険なジャングルの中をさまよった末に、救出された。

米Deadlineによれば、映画はサンドラ・ブロックが女性宇宙飛行士を演じた「ゼロ・グラビティ」のように、全編を通じてケプケ1人に焦点をあてるようだ。ケプケ本人が執筆したノンフィクション「When I Fell from the Sky: The True Story of One Woman's Miraculous Survival(原題)」をもとに、スタン・ブルックスが脚本を執筆し、自らメガホンをとる。ターナーはケプケ役で主演するほか、プロデューサーとしても名を連ねる。

「ゲーム・オブ・スローンズ」でブレイクしたターナーは、シリーズ第6弾「X-MEN:アポカリプス」でテレパシー能力を持つミュータントのジーン・グレイ役に抜てきされた。シリーズ新作「X-MEN:ダーク・フェニックス(原題)」では、ジーン・グレイが主人公として描かれる。同作は2018年11月2日に全米公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
二宮和也「ラストレシピ」が“恐怖のピエロ”に1勝11敗の惨事
『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』マーク・ハミルら来日決定 メッセージ&特別映像も
「スター・ウォーズ」マーク・ハミルらキャスト来日決定、新映像も解禁
山田涼介、「鋼の錬金術師」4DXを監修!こだわったのは“あのキャラ”の名シーン
「シンプルに楽しめて最高に燃える!」寺中友将&八木優樹(KEYTALK)が種村有菜とマーベルを語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加