田中恒成3階級制覇へ吉兆 フライ級転向効果でリーチ&身長&胸囲アップ

田中恒成3階級制覇へ吉兆 フライ級転向効果でリーチ&身長&胸囲アップ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/09/23
No image

予備検診を行う田中恒成と木村翔

「ボクシング・WBO世界フライ級タイトルマッチ」(24日、武田テバオーシャンアリーナ)

予備検診が22日、名古屋市内で行われ、3度目の防衛がかかる王者の木村翔(29)=青木=と、世界3階級制覇を狙う挑戦者の田中恒成(23)=畑中=は、ともに異常なしと診断された。

一階級上のフライ級転向効果が数字に表れた。昨年9月にライトフライ級で防衛戦を行って以来の世界戦となる田中は身長が0・7センチ、胸囲が3・7センチ、リーチが3センチアップした。「胸囲なんて息吸っとるか吐いとるかなんで」と笑いを誘うなど口も滑らか。リミット(50・8キロ)まで残り500グラムと減量も順調で「コンディションはいい」と、世界最速タイ12戦目での3階級制覇へ死角はない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
井上に敗れたパヤノ「井上は強い。パンチが全く見えてなかった」
米メディア、井上のKOを称賛「美しい一撃で、わずか70秒でパヤノを沈めた」/BOX
井上尚弥 衝撃の初回KO勝ち!世界が驚くWBSS優勝候補の強さ
メリンド計量ギリギリパス...王者・拳四朗もビックリ
尚弥 次戦は米東海岸が候補、強豪ロドリゲスとの対戦を予想
  • このエントリーをはてなブックマークに追加