米ペプシコ、「ソーダ税」にらみ「砂糖減らします」

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/10/20

米清涼飲料大手ペプシコは、2025年までに飲料製品に含まれる砂糖の量を大幅に減らすと2016年10月17日に発表した。肥満や心臓病などのリスクを下げる狙いと、「ソーダ税」と呼ばれる、糖分を多く含む炭酸飲料への税金導入の動きに対処する。

発表によると、12オンス(約350ミリリットル)当たり100キロカロリー以下の製品シェアは現在4割程度で、これを3分の2まで高める。新製品についてはカロリーゼロといった低カロリー製品に注力する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロに1年潜入取材してみた!
これから「地価上昇」する東京エリアは? トランプ氏の影響
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
【ロサンゼルスモーターショー16】メルセデス マイバッハ に カブリオレ...300名の顧客のために
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
  • このエントリーをはてなブックマークに追加