もうローストチキンはいらない。クリスマスに食べたい「丸鶏鍋」

もうローストチキンはいらない。クリスマスに食べたい「丸鶏鍋」

  • まぐまぐニュース!
  • 更新日:2017/12/06
No image

フライドチキン、ピザ、パスタ、それからケーキ。クリスマスの食卓は華やかにしたいけれど、時間もお金もあまりない…。そんな時、強い味方になってくれるのが今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』で、著者の真井花さんが紹介している「丸鶏鍋」です。クリスマスに鍋が定番になるかもしれませんよ。

クリスマスの鶏

さて、本日はクリスマスの楽しみのお話。

外国人が日本に来て驚くのが、盛大なクリスマスだそうです。なんてったって一応はキリスト教国じゃないもんね。なのに、あのイルミネーション、デコラティブで大きなツリー、プレゼント商戦。そりゃ驚くよね。

ご家庭でもクリスマスと称して、プレゼント交換をしたりお子さんにプレゼントをねだられる方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。

家事的に問題なのが、クリスマスの食事ですよね。華やかにしたいけど、そんな手間は掛けていられないのが日本の家庭。

オススメは「丸鶏」です。もちろん足でもいいんですが、やっぱり見栄えが違うんですよ。そりゃそーだよね。ワタシ的にオススメは、やはり宮崎の丸鶏です。

福岡の知人が「宮崎出身の人にお店を紹介するのは緊張する」と言っていましたが、さもありなん。わけても鶏肉は甘くてジューシーなんです。コンビニとかデパ地下とかでローストチキンのアシを人数分買うくらいなら、丸鶏を買った方がずっといいですよ。

私が買っているのは、こちらのもの。

エビス通販

まだまだ検討中なんですけどね♪

そして、ここでは焼くのではなく茹でてみましょう。いわゆるヒトツの丸鶏鍋です。もうムッチャ旨いですから。家族で食べておなかいっぱい食べられますから。しかもローストチキンより手間ナシ♪ こんなイイ料理が他にあろうか(*´∀`*)。

まずは、丸鶏を水洗いします。ちょっとは血が残っていたりしますからね。で、次に大きな鍋を用意して、湯を沸かし、下茹でします。丸鶏を入れたあと、ちょっとだけグラッとすればOKですよ。

で、そのお湯を捨てた後、改めて水を張ります。このとき長ネギや粒黒胡椒、ショウガなどを少し入れておくと臭み消しになります。

で、あとはひたすら茹でる(煮る?)だけ。大きさに依りますがだいたい1時間くらいです。初めにアクが出るので、これは取り除きましょう。

この料理のコツは、弱火をキープすることです。

いろいろなやり方もあるし、正直いろいろ試したんですがおそらくもっとも失敗が少ないのはコレです。弱火でコトコト煮…茹でる。以上( ・∀・)。怒られそうだわ。

ゆであがった丸鶏は、骨から肉がほろっととれます。で、これを土鍋に取り分けて、クリスマスカラーの野菜を加えるんです。

ブロッコリー

絹さや

にんじん

などでしょうか。あるいは豆乳などもいいでしょう。雪に見立てるわけですね。あとは、醤油や七味などでフツーに食べればOKです。

だまされたと思ってやってみて。マジで美味しいから。焼くよりカンタンですよ。

image by:Shutterstock.com

MAG2 NEWS

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
8歳の娘が描いた絵画があまりに「画力ありすぎる」と海外で話題に!
この絵をパッと見て、最初に何が見えた?心の奥底を探る心理テスト
「深夜に晩ゴハン食べる生活」を5年間続けた結果がエグい! 標準体型の人でもこうしてデブになる
もし私が10歳の日本人なら...世界的投資家の「驚愕の問いと答え」
「子連れ再婚した女性とその子供」が周囲に言われた暴言3選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加