ドコモ、聴覚障がい者向けに通話内容をテキスト化する「みえる電話」

ドコモ、聴覚障がい者向けに通話内容をテキスト化する「みえる電話」

  • マイナビニュース
  • 更新日:2016/10/20

NTTドコモは10月19日、聴覚障がい者向けのスマートフォンサービス「みえる電話」の試験提供を開始した。トライアルサービスとして、専用サイトからモニター募集も開始している。

No image
No image

デモでのテキスト変換は非常にスムーズで精度も高かった。うまく変換されなかったときも落ち着いて聞き直せばいい

みえる電話は、NTTドコモの音声認識技術を使ったサービスで、通話相手の発話内容がスマートフォンの画面内にリアルタイムでテキスト化されて表示されるというもの。耳の聞こえづらいユーザーでも画面上のテキストを確認しながら音声で通話できる。利用には専用アプリが必要だが、音声の認識処理はドコモネットワーク上で行われるため、通話相手はアプリ等が必要なく、回線も携帯回線、固定回線を問わず利用できる。音声認識はNTTグループの技術だが、通話回線の低音質に最適されているという。

モニターユーザーは約1,000名を予定しており、聴覚障がい者を優先しての募集となる。ドコモとしては聴覚障がい者2級(両耳全ろう)以下のユーザーを想定しており、事故や火災、救急などの緊急時、周囲に代理電話を頼めない状況での活用を考えているとのこと。今回のトライアルサービスを元に、2017年度以降の本格商用化を目指しているという。テキスト化から外国語への自動翻訳など、派生サービスも期待できそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
140倍に拡大が可能!超ポータブルな“折り紙顕微鏡”「Foldscope」
ペン先の細さ、わずか1.9mm!ワコムがペアリング不要のスタイラス発売
大量のカードや通帳は専用レザーケースで管理
カシオ、あえて190万画素しかないビデオカメラ開発―その理由は夜も撮影できる高感度
モバイルにおけるクラウドストレージのシェアが判明、他を圧倒するダントツなサービスは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加