アドマイヤデウス豪州へ移籍 先輩・ラクティの夢を追う

アドマイヤデウス豪州へ移籍 先輩・ラクティの夢を追う

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/08/11
No image

在りし日のアドマイヤラクティ。果たせなかったメルボルンC制覇はアドマイヤデウスに引き継がれた

2015年の日経新春杯と日経賞(ともにG2)の勝利、今年の天皇賞・春(G1)で4着などの実績があるアドマイヤデウス(牡6、栗東・梅田智之厩舎)のオーストラリアへの移籍が決まった。

現地での所属はダレン・ウィアー厩舎。ウィアー師はオーストラリアのトップトレーナーで、昨年もトーセンスターダムが移籍し、豪G1で2着になるなど活躍している。

アドマイヤデウスは今後、コーフィールドC(10月21日・芝2400m)、メルボルンC(11月7日・芝3200m)とオーストラリアでももっとも栄誉あるレースに参戦する予定。もともと今年の天皇賞・春の4着後に、梅田調教師は同2レースへ参戦の遠征プランを明かしていたが、ウィアー師の元でこのタイトルを狙いに行くことになった。

また現地メディアでは、日本国内所属時にアドマイヤデウスと同馬主・同調教師であったアドマイヤラクティが2014年のコーフィールドCを制し、続くメルボルンCのゴール後に急死したことも併せて報じられている。

厩舎の先輩・アドマイヤラクティが勝利したコーフィールドC、そして果たせなかったメルボルンC勝利の夢を、アドマイヤデウスが追いかけていく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
松ちゃんの苦言でフジ関係者の頭をよぎった20年前の“黒歴史”
続々出演取り止め!宮迫博之に残された道は「自宅謹慎」
Windows10アップデート後 画面中央に「あ」「A」が出てくるんだけど!なにこれ
上原多香子の“衝撃スキャンダル”で「想定外の収入」を得た人たちとは
「キスマイBUSAIKU」が9月に終了することになった事情
  • このエントリーをはてなブックマークに追加