好調攻撃陣が爆発、リバプール7発大勝で9年ぶり16強 欧州CL

好調攻撃陣が爆発、リバプール7発大勝で9年ぶり16強 欧州CL

  • AFPBB News
  • 更新日:2017/12/07
No image

サッカー欧州チャンピオンズリーグ、グループE第6節、リバプール対スパルタク・モスクワ。サディオ・マネ(中央下)が決めた4点目のゴールを喜び合うリバプールの選手(2017年12月6日撮影)。

【AFP=時事】サッカー欧州チャンピオンズリーグは6日、グループE第6節が各地で行われ、リバプールはフィリペ・コウチーニョ・コレイアの加入後初となるハットトリックなどでスパルタク・モスクワに7-0で大勝し、グループ首位での16強入りを決めた。

他にはサディオ・マネが2得点を挙げ、ロベルト・フィルミーノとモハメド・サラーもゴールを記録。輝かしいプレーを見せる4人の活躍で、チャンピオンズリーグ制覇5回の名門が派手な形で9年ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。

これでイングランド・プレミアリーグ勢は、マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、トッテナム・ホットスパー、そしてリバプールの全チームがグループを突破した。同一リーグから5チームが勝ち上がるのは、イングランドが初めて。

チームを率いるユルゲン・クロップ監督は、BTスポーツで「完璧な試合の入り方をして、そして先制した後も、われわれは守りに入らなかった。こちらがギアを上げてスペースを活用すれば、止めるのは非常に難しい。今夜は見ていて楽しかったよ」と話した。

リバプールはNKマリボル戦でも7-0というスコアを記録しており、グループリーグで2回目の大勝となった。また、前節はセビージャFCを相手に3点のリードをふいにして引き分けに終わっていたが、その苦い記憶も振り払うことができた。

リバプールは、このところ公式戦9試合で32ゴールを稼ぎ出している。11日には決勝トーナメント1回戦の組み合わせ抽選が行われるが、コウチーニョ、サラー、マネ、フィルミーノの4人と相対したいチームはまずいないだろう。監督は「相手はどこでも構わない。自分はよくレアル・マドリードを引き当てるが、今回はどうだろうね」と話している。

グループEのもう1試合では、セビージャが1-1でマリボルと引き分け、リバプールの大勝とあわせてグループ2位での決勝トーナメント進出を決めた。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ガットゥーゾ新監督が待望の初勝利!ボナベントゥーラ2発でミランは4試合ぶりの白星
失意の浦和を訪ねたのは“あの人”たち...R・シルバ「元気な笑顔を見れて安心したよ」
バルサ『再び勝利する時』
メッシ、ドイツの伝説的ストライカーの欧州記録に並ぶ。バルサ通算525得点
【MLB】大谷争奪戦に勝利、エンゼルス興奮「ワクワクしている」 トラウトも仰天
  • このエントリーをはてなブックマークに追加