武尊、最高試合賞も「悔しい...次はMVPをもらう」

武尊、最高試合賞も「悔しい...次はMVPをもらう」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14
No image

「K―1 AWARDS 2017」の年間最高試合賞を受賞した武尊(右)とプレゼンターの亀田興毅氏(撮影・吉池彰)

K-1実行委員会は14日、都内で年間表彰式「K-1 AWARDS 2017」を行い、武尊(26)-ビクトー・サラビア(24=米国)戦に年間最高試合賞を贈った。

同試合は17年4月22日、東京・代々木第2体育館でノンタイトル戦として行われ、武尊がサラビアに3回2分23秒にKO勝ちした。同回にサラビアの後ろ回し蹴りが金的となり、5分以上の中断があったが、戦いに戻ると武尊はいつもの笑顔で前進。右と左のストレートで相手を沈めた。

武尊はこの日、受賞を喜びつつも、複雑な笑顔。「MVPじゃないので悔しい。3月に必ず勝って、3階級制覇を成し遂げ、次はMVPをもらう」と本音を漏らした。

武尊は今後、K-1フェザー級王座を返上し、さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナで3月21日に行われる「K-1 WGP 2018 ケーズフェスタ・ワン」(日刊スポーツ新聞社後援)で、大雅(21)の持つ同スーパー・フェザー級タイトルに挑戦する。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
村田諒太「日本盛り上げたい」東京ドームで世界戦を
猪木さん、坂口さんを上司なんて思えないよ 元プロレスラー キラー・カーン【前編】
長州力、藤波辰爾が再び名勝負、昭和プロレスで魅了
村田諒太「恩恵返す」最終目標はタイソン以来東京D
あいつはプロレスラーの強さって何なのかをわかっていない 元プロレスラー キラー・カーン【後編】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加