最新ランキングをチェックしよう
TAAF2018、長編アニメ部門グランプリは台湾発「オン ハピネス ロード」

TAAF2018、長編アニメ部門グランプリは台湾発「オン ハピネス ロード」

  • ナタリー
  • 更新日:2018/03/13

3月9日から12日にかけて東京・池袋で行われた東京アニメアワードフェスティバル2018のコンペティション部門の結果が発表され、長編アニメーションのグランプリを台湾のサン・シンインによる「オン ハピネス ロード」が獲得した。「オン ハピネス ロード」(c)Happiness Road Productions Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.すべての写真を見る(全6枚)TA

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
元刑事が語る職務質問されやすい人とされにくい人の違い
1万円のスニーカーと、7万円のスニーカーは何が違うのか?
“修正疑惑の女王”平子理沙の無加工『インスタ』写真がヤバすぎ
悪夢ふたたび...直径2キロの小惑星が2月1日に衝突する!?
インフルエンザ予防する夫を見て、妻が不倫に気づいたワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加