最新ランキングをチェックしよう
TAAF2018、長編アニメ部門グランプリは台湾発「オン ハピネス ロード」

TAAF2018、長編アニメ部門グランプリは台湾発「オン ハピネス ロード」

  • ナタリー
  • 更新日:2018/03/13

3月9日から12日にかけて東京・池袋で行われた東京アニメアワードフェスティバル2018のコンペティション部門の結果が発表され、長編アニメーションのグランプリを台湾のサン・シンインによる「オン ハピネス ロード」が獲得した。「オン ハピネス ロード」(c)Happiness Road Productions Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.すべての写真を見る(全6枚)TA

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
【悲報】「時空を切り裂き、宇宙を崩壊させる」CERNの7倍の威力をもつ“中国版LHC”がもうすぐ誕生で人類滅亡へ!
【注意】かつやの「タレカツ丼」が地味に頭おかしい件 / カツが3枚でも5枚でも590円だというので、5枚にしたら死にかけたでござる
ウルグアイ、3点を奪いながらの敗戦は1996年以来22年ぶりの屈辱。その時の相手は奇しくも...
「日本代表のスピードとテクに圧倒された」ウルグアイメディアが脱帽!
南青山・児童相談所の建設に抗議殺到 港区民の主張が「酷い」「プライドの塊」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加