オリックスが打ち勝つ 楽天は首位陥落

オリックスが打ち勝つ 楽天は首位陥落

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/12

(パ・リーグ、オリックス8-4楽天、17回戦、楽天12勝4敗1分、11日、京セラ)オリックスが打ち勝った。四回にマレーロの10号2ランなどで一挙5点を挙げ、先発・ディクソンは5回0/3を8安打3失点で8勝目(6敗)。敗れた楽天は首位陥落となった。

先制したのはオリックス。二回二死満塁とすると、T-岡田が押し出し四球を選んだ。楽天は三回、一死三塁とし、銀次の左前適時打で同点。この回、アマダーも中越え適時打を放ち逆転した。

オリックスは四回一死二、三塁から若月が2点二塁打で逆転すると、続くT-岡田が適時打を放ち、1点追加。さらにマレーロが10号2ランを放ち、6-2と突き放した。

楽天は六回、無死二塁で聖沢の適時打、七回に島内の適時打で2点差に迫った。オリックスはその裏、小島が左中間へ2点三塁打を放ち、8-4と突き放した。

No image

4回、左翼ポール際にツーランを放ったオリックス・マレーロ=京セラドーム大阪(撮影・山下香)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
盛岡大付3番植田2打席連発、両軍5発の乱打戦制す
夏休み真っただ中の3連戦は連日大盛況 “集客につながる”オリのイベント
オリックス宮内オーナー5連敗に激怒「策なさ過ぎ」
清水の美女チアリーダー『オレンジウェーブ』を一挙に紹介!
“阿部2世”巨人・宇佐見「最高でーす!」プロ1号がサヨナラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加