最新ランキングをチェックしよう
金正恩の“ラブコール”で見えた「暴走カード」を失った北朝鮮の行方

金正恩の“ラブコール”で見えた「暴走カード」を失った北朝鮮の行方

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2019/06/14

昨年6月に行われた米朝会談から1年。この間、両国の関係はどのように変化したのか。そして関係は今後どのように変わっていくのか。金正恩党委員長はこの1年の間に「暴走カード」を失ったと指摘するのは、デイリーNKジャパン編集長の高英起氏である。
蜜月をアピールする金正恩
「私とトランプ大統領との個人的関係は両国間の関係のように敵対的ではなく、われわれは相変わらず立派な関係を維持しており、思いつけばいつでも

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
徴用工問題、河野外相が言う「実害」とは? 「必要な措置」決断へのトリガー
韓国疲労症のメカニズムと対処法
その無法ぶりが世界の笑い者に......文在寅大統領には「国際羞恥プレイを」【全文公開】
米国にも無視される韓国政府の"被害妄想"
もともと「病んでいた」韓国経済、日本がとどめを刺すのか=中国メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加