家族の温かさ描く鉄拳のパラパラマンガ「家族のはなし」舞台化、長野と東京で

家族の温かさ描く鉄拳のパラパラマンガ「家族のはなし」舞台化、長野と東京で

  • ナタリー
  • 更新日:2017/10/11

鉄拳のパラパラマンガ「家族のはなし」が舞台化される。

No image

鉄拳

2013年発表の「家族のはなし」は、長野出身の鉄拳が地元の地方紙・信濃毎日新聞社の創刊140周年を記念し、「新聞というメディアの意義や家族の大切さを問いかける作品を提供したい」という思いで制作した作品。長野出身の主人公が東京でミュージシャンを目指すも挫折し、そこから家族の温かさを再発見していくストーリーが描かれた。

舞台「家族のはなし」は、来年2018年5月3日(木)と翌4日(金・祝) に長野・サントミューゼ、5月9日(水)から5月13日(日)まで東京・IMAホールで上演される。今年中に出演者オーディションも開催される予定だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清水良太郎、「キメセク常習疑惑」「電マ性癖」醜態の数々――風俗嬢の暴露で「復帰はアウト」
萩本欽一が明かした香取慎吾との「仮装大賞」共演経緯
佐々木希&渡部だけじゃない! ドン引き、驚愕、離婚...芸人と大物女優の結婚7例!
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加