カナミックネットワーク---医療・介護連携の情報共有プラットフォームなどクラウドサービスの展開を強化

カナミックネットワーク---医療・介護連携の情報共有プラットフォームなどクラウドサービスの展開を強化

  • FISCO
  • 更新日:2017/09/15
No image

株式会社フィスコ

カナミックネットワーク<3939>は同社が提供している医療・介護連携を実現する情報共有プラットフォームなどのクラウドサービスの展開を強化している。

同社は、子育から介護に至るまで、クラウド技術を駆使し、地域包括ケアの実現に寄与する情報共有システムや介護事業者向け業務システムなどを全国で展開するほか、子育て支援アプリの提供などを行っている。

現在、同社ではこれらの販売拡大を加速しており、その一環として、9月27日から東京ビッグサイトで開催されるアジア最大規模の福祉機器の展示会に出展する。展示会では、地域包括支援センター・ケアマネジャー向けシステム、訪問介護記録システム(カナエルタッチ)など、介護業務ソフトや医療・介護連携を実現する情報共有プラットフォームなどのクラウドサービスの実演や、同社が進めているIoTモデル事業についての紹介などを行う予定。

同社の2017年9月期の通期業積予想については、売上高が前期比12.5%増の12.70億円、営業利益が同6.0%増の2.80億円、経常利益が同11.0%増の2.80億円、当期純利益が同3.0%増の1.70億円となる見通し。

<MW>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
トイザらスを破滅させた「アマゾンとの10年契約」
あの名門私立女子高が混乱状態...教員一斉退職、保護者が国に全理事解任要求
スズキが1.4l直噴ターボエンジンを搭載した新型『スイフトスポーツ』を発売
スズキ、新型クロスオーバー「クロスビー」初披露へ
ホリエモン スナックのすごさを語る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加