吉野家が28年ぶりに新サイズ「超特盛」「小盛」を販売。一番の"お得盛"はどれ?

吉野家が28年ぶりに新サイズ「超特盛」「小盛」を販売。一番の"お得盛"はどれ?

  • 週プレNEWS
  • 更新日:2019/03/21

28年ぶりに牛丼の新サイズを販売した吉野家牛丼チェーン「吉野家」は3月7日、28年ぶりに牛丼の新サイズを販売した。肉の量が従来の大盛の2倍の「超特盛」(780円)と、並盛の4分の3の量の「小盛」(360円)だ。これで「並盛」(380円)、「アタマの大盛」(480円)、「大盛」(550円)、「特盛」(680円)を含め全6種類に。気になるのは「どれが一番お得か?」ということ。そこで購入し、具とご飯の量

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加