森博嗣小説のコミカライズ、つばな、魚乃目三太の新作がバーズで一挙始動

森博嗣小説のコミカライズ、つばな、魚乃目三太の新作がバーズで一挙始動

  • ナタリー
  • 更新日:2016/11/30

本日11月30日に発売された月刊バーズ2017年1月号(幻冬舎コミックス)にて、森博嗣原作によるスズキユカ「赤目姫の潮解」、つばな「惑星クローゼット」、久住昌之原作協力による魚乃目三太「旅の肴~十返舎一九 浮世道中 旅がらす~」の新連載3本が一挙にスタートした。

すべての写真を見る(全3枚)

No image

きれいな写真をもっと見る(全3枚)

No image

「赤目姫の潮解」は森による「百年シリーズ」最終作のコミカライズ。2人の青年と声を持たない姫が、ボートで不思議な館を訪れる場面から物語は始まる。

「惑星クローゼット」は謎の夢に悩まされている少女・愛海を描くSF。眠るたびに同じ内容の夢を見てしまい辟易していた愛海は、通学路で同級生の男子が突然消失するという事件に遭遇し……。

「旅の肴」は後に十返舎一九と名乗り、人気戯作者として名を馳せる与七を主人公にしたグルメもの。今号には一挙2話が掲載された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
秒速で笑えるマンガ『矛盾』タイクツくんDX|退屈先生
ミュージカル「王家の紋章」再演、プリンセス読者限定で先行予約を実施
ギリギリすぎるパロディー連発の麻雀漫画「3年B組一八先生」のWeb公開決定! 編集部も単行本化をためらう怪作
「RiN」特別編が月マガに、次号「DEAR BOYS OVER TIME」完結
  • このエントリーをはてなブックマークに追加