10時時点の日経平均は155円安、ファストリやソフトバングGが重し

10時時点の日経平均は155円安、ファストリやソフトバングGが重し

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/13
No image

株式会社フィスコ

寄付き後に22474円まで下げ幅を広げる場面もみられたが、その後はやや下げ渋る動きとなっている。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1300を超えており、6割を超えている。指数インパクトの大きいところでは、ファーストリテ<9983>、ソフトバンクG<
9984>、KDDI<9433>、ファナック<6954>、東エレク<8035>、京セラ<6971>など指数インパクトの大きい値がさの一角が重しに。

<TM>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
セブン、店舗をシェア自転車の拠点に ソフトバンクと共同で
「社長の出身大学」調査で急上昇中の意外な大学とは?
【東芝危機】増資決定で米WDとの和解協議が前進も 月内合意はなお見通せず
ソニー、出井伸之路線失敗の象徴「AIBO」復活の意味
【ユニクロ】ホコリがつかない&美脚効果抜群の黒スキニー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加