北のミサイル迎撃へ 中国四国4県にPAC3配備進む

北のミサイル迎撃へ 中国四国4県にPAC3配備進む

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/08/12
No image

動画を見る(元記事へ)

北朝鮮によるグアム周辺に向けたミサイル発射に備え、防衛省は上空を通過する可能性がある中国・四国の4県に地上配備型の迎撃ミサイル「PAC3」の配備を進めています。

高知県にある陸上自衛隊の高知駐屯地には12日未明、PAC3の発射機を搭載した車両などが到着し、早朝には発射機が組み立てられ、配備されている様子が確認できました。また、愛媛県、島根県、広島県にある陸上自衛隊の駐屯地にもPAC3が次々と到着し、配備に向けて準備が進められています。北朝鮮は、グアムに向けて弾道ミサイルを発射すれば島根県などの上空を飛ぶと予告していて、防衛省はミサイルの国内落下も想定して迎撃態勢を整備します。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ビル30階建て相当のすごい船「ちきゅう」が一般公開!見学者9000人を募集中
厚労省「ブラック企業リスト」401社に HISや水道局も
ついに東大で起こった非常勤職員の「雇い止め争議」その内幕
京都、観光客増え過ぎで「街並み一変&良さ消失」の危機...交通混乱やトラブル多発も
日本でたった2県! 国宝が1件もない都道府県はどことどこ?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加