側溝の中で鳴いていた子猫 1年後にたどりついた幸せな家

側溝の中で鳴いていた子猫 1年後にたどりついた幸せな家

  • sippo
  • 更新日:2019/07/21

捨てられたのか、野良の母猫とはぐれたのか、住宅地の側溝の奥で、1匹の子猫が鳴いていた。なんとか保護されたものの、なぜか引き取り手がなかなか見つからず、1歳になってから家に迎えられた。

(末尾に写真特集があります)

側溝の奥から猫の声

2016年夏、大阪府内の住宅地。側溝の中から猫の小さな声がすると、近所の人が探していた。中に子猫がいるのがわかったが、側溝の奥のほうに入っていて、手が届かず、なかなか捕獲できない。側溝の入り口近くにウェットフードなどを置いておくと、夜中に出てきて食べているようだった。だが、人が近づくと姿を見せない。

No image

ツンデレ猫のパンチェ

仕方なく捕獲器を設置すると、ようやく保護されたという。その時、生後2カ月くらい。預りボランティア宅で暮らしていたが、なかなか譲渡先が決まらないまま1歳になった。

大阪府内に住む堀辺さんは2017年夏、ネットで知った保護団体「ワンハート大阪」の譲渡会で、その猫「パンチェ」に出会った。

「もらい手がない猫を」

「同じ保護猫でも、すぐにもらい手が決まりそうな子とそうでない子がいます。私はなかなかもらい手がみつからないような子に惹かれるんです。パンチェは1歳の成猫で、ワンハート大阪のブログに『なかなか譲渡先が決まらない』と書かれていたので、気になっていました」

堀辺さんは、猫だけの留守番時間が長いこともあり、パンチェと、もう1匹の成猫「ボム」の2匹一緒にトライアルすることにした。

No image

仲良し猫ボムの頭をポン

「パンチェは猫らしい猫で、ツンデレ。でも、譲渡会では私になでさせてくれました。預りさん宅で人と一緒にリビングで暮らしていたので、人馴れしていたんです。うちに来た日も、半日くらいで甘えるようになりました」

パンチェは気が強くて、なんでも自分が一番じゃないと気が済まないタイプだが、教えるとオスワリやお手もできるようになったという。「ストップ、そのままよ」とか「お腹を見せて」という言葉も覚えていて、なかなかの芸達者。動物病院でも診察してもらいやすいそうだ。

一緒に譲渡されたボムと、つかず離れず、ほどよい距離を保ちつつ幸せに暮らしている。

【関連記事】道に捨てられ、声をからしていた子猫 今は腕の中で喉をゴロゴロ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

猫カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
保護3日で人間を警戒し威嚇する子猫。しかし「ちゅ~る」をあげた瞬間の反応が可愛すぎたと話題に!
【子守は...担当制♡】1匹ずつ赤ちゃんに寄りそい、優しく見守る4ニャンに思わずほっこり(* ́ω`*)
とある特技にチャレンジする柴犬ちゃん。失敗・成功したときの表情に差がありすぎた〜(; ́∀`) 19秒
思いがけない偶然の出会いから、永遠の親友同士になった地質学者と子猫の物語(アメリカ)
お気に入りの首輪、似合うでしょ? ミックス猫の「久子」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加