米ディズニー、『ドン・キホーテ』の映画化を進行中

米ディズニー、『ドン・キホーテ』の映画化を進行中

  • ガジェット通信
  • 更新日:2016/10/20
No image

映画『ハンガー・ゲーム』や映画『キャプテン・フィリップス』の脚本で知られるビリー・レイが、小説『ドン・キホーテ』の映画化作品でプロデュースと脚本を手掛けることが決まったと、情報筋が本紙に明かした。

レイはゴードン・グレイと共にプロデュースする。

ミゲル・デ・セルバンテスによって1605年に執筆された同作は、狂気に陥って、騎士やドラゴンが実在すると信じた下層階級貴族、アロンソ・キハーノの姿を描く物語。

情報筋によると、本作品は映画『パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン』のようなシリーズ化を視野に企画されているという。米ディズニーは、世界で3000億円以上の興行収入を稼いだ『パイレーツ・オブ・ザ・カリビアン』シリーズの過去4作品に続き、5作目を来年公開する予定だ。

過去、グレイはディズニーによってプロデュースされた映画『McFarlane USA(原題)』と映画『ミリオンダラー・アーム』に携わっている。一方、レイは直近ではSTX製作による映画『シークレット・アイズ』の監督と脚本を務めた。

レイはCAA、マネージメント360と代理人契約を結んでいる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新木優子、中島裕翔とのキスシーンはカレーの直後!?
82歳の名匠イオセリアーニ監督、創作の秘訣は酒・映画・人生への愛
乃木坂46 能條愛未 映画『アメリカン・ビューティー』で思わず涙したシーンとは?
「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」リブートへ
反捕鯨『ザ・コーヴ』に問題提起!日本人監督のドキュメンタリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加