石川遼はパターチェンジで予選を突破「いいパーパットが決まってこのスコア」

石川遼はパターチェンジで予選を突破「いいパーパットが決まってこのスコア」

  • ゴルフ情報ALBA.net
  • 更新日:2018/10/12
No image

石川遼、週末は慣れ親しんだL字タイプで勝負にでる|撮影:村上航

<日本オープン 2日目◇12日◇横浜カントリークラブ(7,257ヤード・パー71)>

最強ゴルファー決定戦「日本オープン」の初日を終えて「修正するのはパッティングのタイミングだと思う」と話していた石川遼。この日は初日に使用したセンターシャフトのブレードタイプから、自身の意見がふんだんに取り込まれたオデッセイトゥーロンのL字タイプにスイッチした。

【写真】どうしたの…? 両手で顔を覆う石川遼

1試合前の「トップ杯東海クラシック」ではピン型を使っていたが、今週はセンターシャフトに変更し、「ストロークの矯正と思って(センターシャフト)にした」と意図を話した石川。この日は慣れ親しんだL字タイプに戻し「最初は自分で狙いが定まってないまま打ってしまったこともありましたが、後半は3つぐらいいいパーパットを決めることができたのでこのスコアで回れました」とスコアへの貢献を口にした。

「ドライバーとアイアンがすごく良くなっているので自分的には楽しみです」とショットの状態の良さは確かなものがある。それだけに、あとはグリーン上だという思いだろう。トータル1オーバー・46位タイから巻き返すには、このパターの活躍が必須だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

ゴルフカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加