Little Glee Monsterの素のまんまトーク 最近のプライベートは?かれん&芹奈が20歳になってしたいことは?

Little Glee Monsterの素のまんまトーク 最近のプライベートは?かれん&芹奈が20歳になってしたいことは?

  • モデルプレス
  • 更新日:2018/01/12

Little Glee Monster/モデルプレス=1月12日】1月17日に3rdアルバム「juice」をリリースする5人組女性ボーカルグループ・Little Glee Monster(リトグリ)。2017年12月に配信したインタビューの後編として、アルバムの聴きどころや20歳になるメンバーのやりたいこと、そしてプライベートでハマってることなどをお届けする。

No image

(写真 : Little Glee Monster(左から)かれん、MAYU、芹奈、manaka、アサヒ(C)モデルプレス)

【さらに写真を見る】初紅白で話題となったリトグリの撮り下ろし多数

◆芹奈&かれん、20歳になってやりたいこと

― 芹奈さんとかれんさんは、2018年に20歳を迎えると思いますが、20歳になったらやりたいことはありますか?

芹奈:やってみたいこと…たぶんかれんと同じだと思います。

manaka:せーので一緒に言ってみる?

芹奈:いや、バラバラやったら恥ずかしいよな。

manaka:1回やってみて。

かれん:え?なになに?お酒?

芹奈:うん。

manaka:え、先に言う?

全員:(笑)。

― (笑)。

芹奈:お酒というか、二次会に行けることが嬉しいですね。

かれん:確かに!それは分かる。

芹奈:ツアーを回っている最中など、スタッフさんとみんなで軽いご飯会をするんですけど、、いい盛り上がりのところで帰らされたりするんで(笑)。

― どう帰らされるんですか(笑)?

芹奈:早く寝なさいって(笑)。

かれん:うんうん。それで車に乗り込む。

芹奈:私とかれんはずっと残っていたいタイプなんで、20歳になったら二次会に行ける嬉しさはありますね。

― 飲み会など、二次会から本番だったりする場合もありますもんね。

芹奈:え?どういうこと?

manaka:みんながいい気分になってきて、話がもっと盛り上がる…ってことですよね?

― そうですね。

◆芹奈が今ハマってること

― 最近はとてもお忙しい皆さんですが、オフの日や空いてる時間などでハマっていることはありますか?

芹奈:お蕎麦ですかね。

manaka:めちゃくちゃハマってるよね。

芹奈:この前の休みの日も、お蕎麦を食べにお兄ちゃんと箱根へ行ってきました。

manaka:すごい。お昼に食べるの?

芹奈:昼、おやつ、夜。

かれん:意味わからん(笑)。おやつに蕎麦(笑)?

芹奈:そう。1食目が冷たいとろろ蕎麦で、おやつが温かいとろろ蕎麦。

MAYU:おやつちゃうやん。

芹奈:夜がカレー蕎麦でした。

かれん:めっちゃガッツリ蕎麦蕎麦蕎麦やん。

MAYU:すごいな。

芹奈:全然飽きなかった。

manaka:蕎麦屋をハシゴしたってことやろ?

芹奈:そうそう。

かれん:意味がわからん。

manaka:付き合ってくれるお兄さんも優しいな。

― お兄さんも一緒に蕎麦を食べてるんですか?

芹奈:蕎麦を食べてます。

manaka:優しすぎるよ、妹のために3食蕎麦を…。

― ちなみに蕎麦のどんなところにハマってるんですか?

芹奈:えっとー…コシ?

― コシ?

芹奈:あとは蕎麦って何杯でも食べられる感覚がしませんか?20歳になるまでにわんこ蕎麦に挑戦したいです

― 本当にハマってるんですね。

◆かれんがハマってること

― かれんさんは?

かれん:私は最近、お仕事が早く終わった時や休みの日にダンスレッスンへよく行ってます。

― 何のダンスをやってるんですか?

かれん:ヒップホップです。とっても楽しい。

― いいですね。

かれん:とにかくうまくなりたいって気持ちがあるので、レッスン自体が楽しいです。

― ストレス発散にもなりますよね。でも習い事をしている子のなかには、気が進まなくて行きたくないなぁって思ってる人もいますよね。自分もそうでした。

かれん:強制的にやらされるとそういう気持ちになっちゃいますよね。

― 確かにそうですね。

かれん:私も小さい頃はピアノのレッスンがとにかく嫌で、わざと学校から帰ってくるのを遅くしてめっちゃ怒られてたりしてました。でも今習ってるダンスは自発的に通い始めたので、楽しいです。この日空いてるとわかったら、すぐにレッスンの予定を入れちゃいますね。

◆MAYUがハマってること

― MAYUさんはいかがでしょう?

MAYU:ハマってるのは、「ダウト」(※ダウト~嘘つきオトコは誰?~)ってアプリです。本当の理想の相手を探すって内容なんですけど、10人中9人が嘘つき男で、その嘘つきが誰かを見破っていくゲームです。

― プレイしてるときはどんな感情になるんですか?

MAYU:私の推しが嘘つきやったらどうしよう…!みたいな感じです(笑)。

アサヒ:(笑)。

MAYU:朝の5時にチケットが配布されるので、一番ハマってたときは朝の5時に起きてやってました。

― とってもハマってますね。今はちょっとサボリ気味?

MAYU:そうですね。ここ3、4日はちょっとサボっていました。

― では明日はぜひ。

MAYU:そうですね、朝の5時にちゃんと目覚ましをかけて。

― ゲットして下さい!

MAYU:ありがとうございます(笑)。

アサヒ:なにーこれ(笑)?

MAYU:なんだろう、全然深くない話(笑)。

― (笑)。

◆manakaがハマってること

― つづいてmanakaさん。

manaka:最近は寝る前に必ず、温かい麦茶を飲むようにしてます。

― おぉー。

manaka:それで寝るときはアロマディフューザーを使ってます。実は伊藤美誠ちゃん(卓球女子・日本代表)から武道館ライブの時にお祝いにアロマオイルを頂いたんですけど、アロマディフューザーがなくてずっと使えなかったんです。でも最近、スタッフさんから頂いてようやく使えるようになったので、毎晩焚いて寝ています。

― オシャレさんですね。

manaka:もうめちゃくちゃ優雅な夜を過ごしています(笑)。

― アロマで癒されているんですか?

manaka:はい、いい香りです。

◆アサヒがハマってること

― 最後にアサヒさんは?

アサヒ:そうですね。1日の終わりに「あたしンち」(アニメ)を見ることを楽しみにしています。

― どんなところにハマってるんですか?

アサヒ:なんか、お母さんがいるみたいな気持ちになれる(笑)。

― お母さん?

芹奈:温かい気持ちになれるってことでしょ?

アサヒ:そうそうそうそう。

かれん:実の親が隣にいるような感覚?

アサヒ:うん、そうだね。

芹奈:アニメを見てママを感じるんだよね。

アサヒ:いま冬の季節じゃないですか。すごく寒いじゃないですか。

― はい。

アサヒ:だから「あたしンち」を見て…。

芹奈:ぬくもりを感じると?

アサヒ:そう。「はぁ」ってして…寝る。

― 「あたしンち」以外でぬくもりを感じることは?

アサヒ:最近はストーブですね。

芹奈:それもママを感じるために?

アサヒ:うん。お母さんの熱い思いを(笑)。

manaka:アサヒは暖房とストーブのダブル使いなんですよ。

― え、そうなんですか?

芹奈:乾燥するよ。

アサヒ:寒いんだもん。

manaka:北海道生まれとは思えない寒さへの耐久のなさ。

― せっかく乾燥肌も良くなったとおっしゃってたのに…。

MAYU:また荒れるかもよ?

アサヒ:それはちょっと嫌だけど…寒さは無理ですね。もう仕方ないかなって。

― ぬくもりの方が大切ですよね(笑)。

アサヒ:そうですね(笑)。

◆3rdアルバム「juice」はどんなアルバム?

― いよいよ3rdアルバム「juice」の発売となりますが、レコーディングなどで一番印象に残っている楽曲は何ですか?

manaka:「Love To The World」っていう新曲は、メジャーデビュー曲の「放課後ハイファイブ」に近い印象があります。自分たちのパワフルな部分がしっかりと伝わる曲だと思うんですけど、コーラスもすごく聴こえやすくて、メインのみんなの声もちゃんと聴こえる、原点に戻ったような感覚があるんです。レコーディングしてて楽しかった思い出があるので、印象に残ってますね。

― なるほど。最近は挑戦的な楽曲も多かったから、改めて原点に近い楽曲を歌うことができたと。

manaka:はい。自分たち以外が歌っている姿を想像できない歌になりました。久しぶりにこの感覚になれたのですごく嬉しかったです。

― ちなみに「juice」というタイトルにはどういう意味が込められてますか?

かれん:5人それぞれの色が集まって一色になるって意味もありますし、英語でjuiceは果汁100%のものだけを言うらしくて、無添加っていうか、歌で本物みたいな…。

manaka:純度の高い歌を詰め込むという意味ですね。

― おぉ!とってもいいですね。

◆受験生にオススメの1曲は?

―いろいろな楽しみ方ができるアルバムかと思いますが、ちょうど1月だと受験を控えている学生も多いかと思います。勉強の合間に聴く1曲はなにかありますか?

かれん:「いつかこの涙が」。この曲は、頑張っている最中の人に寄り添える曲だと思うので、受験勉強で挫けそうになったら、ぜひ聴いていただきたいなって思います。

― では受験が終わって、ホッとしているときにオススメの曲は?

かれん:「幸せのかけら」はどうでしょうか?

芹奈:そうだね。去年この曲がリリースされた時にも、インタビューで、1日の終わりに聴いてほしい曲って言ってたので、おすすめです。

― 最後になりますが、アルバムの発売を楽しみにしている皆さんにメッセージをお願いします。

かれん:このアルバムは、これぞリトグリって思えるくらい色々なジャンルの曲が入っているので、新しくリトグリを知ってくださった方も、今までリトグリを応援してくださった方も、皆さんが楽しめるアルバムになっていると思います。ぜひたくさんの方に聴いていただきたいです!よろしくお願いします。

― 本日もありがとうございました。

全員:ありがとうございました。

2017年は、初の日本武道館ワンマンライブ成功、そしてNHK紅白歌合戦初出場と、大きく飛躍した1年となった。2018年は2人が20歳を迎えるなど、また新たな変化が訪れるかもしれない。

とはいっても、インタビュー中の彼女たちはいつもと変わらず、メンバー同士楽しそうに冗談を言い合っていたりと疲れを全く見せなかった。

前編のインタビューで、芹奈はライブを楽しむことを大切にしていると話していたが、それはステージ上だけにとどまらず、どんなときも楽しむことを忘れてないのだろう。

楽しむ気持ちをちゃんと大切にする。リトグリが多くの人の心に爪痕を残せる理由が、よりわかった気がする。(modelpress編集部)

■3rd Album「juice」発売情報

2018年1月17日リリース

▼初回盤

・Disc.1(CD)

M1 だから、ひとりじゃない

M2 明日へ

M3 Go My Way!

M4 OVER

M5 Jupiter

M6 いつかこの涙が

M7 Love To The World

M8 Get Down

M9 ヒカルカケラ

M10 Gift

M11 好きだ。remake ver.

M12 COLORS

M13 幸せのかけら

・Disc2(DVD)

「 Let's Grooooove !!!!! Monster Live on 2017.9.18」

1.Opening 2.Girls be Free!

3.Go My Way!

4.人生は一度きり

5.Don't Worry Be Happy

6.Jazz Session

7.I WAN'NA BE LIKE YOU

8.放課後ハイファイブ

9.青春フォトグラフ

10.空は見ている

11.幸せのかけら

12.私らしく生きてみたい

13.HARMONY

14.好きだ。

15.SAY!!!

16.明日へ

17.My Best Friend

18.だから、ひとりじゃない

19.Ending

▼通常盤

・Disc.1共通

・Disc.2(CD)

M1 I WAN'NA BE LIKE YOU -Live on 2017.11.19- M2 SEPTEMBER M3 Ring! Ring! Ring! M4 糸 M5 Let's Grooooove !!!!! Monster ~Opening/Ending~

▼期間生産限定盤

・Disc.1共通

■Little Glee Monster Arena Tour 2018 -juice !!!!!-

・横浜アリーナ

2月3日(土)開場16:00 開演17:00

2月4日(日)開場15:00 開演16:00

・大阪城ホール

3月24日(土)開場17:00 開演18:00

3月25日(日)開場15:00 開演16:00

■Little Glee Monsterプロフィール

研ぎ澄ました歌声で人々の心に爪痕を残すことをテーマに結成された女性ボーカルグループ。

力強い歌声と高度なアカペラをも歌いこなす透き通ったハーモニーを武器に、2014年10月29日「放課後ハイファイブ」にてメジャーデビュー。

2017年は自身初の日本武道館単独公演からはじまり、Earth, Wind & Fireや、Ariana Grandeのジャパン公演でサポートアクトを務めるなど 活躍の場を広げる。

年末には紅白歌合戦に初出場し、2018年には東阪アリーナツアーを開催する。

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
使い切ると美しい作品が完成 アーティスティックなメモ帳「OMOSHIROI BLOCK」が登場
一番好きな「平成の大ヒット曲」3位福山、2位小田、では1位は?
きゃりー、新恋人発覚にファンがアキレつつ心配している「ヤバい体の変化」
野口五郎 音楽活動の裏で大成功を収めていた“驚きの副業”
【対談】フルカワユタカ × 米田貴紀(夜の本気ダンス)、「“選ばれた”という気持ちで」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加