ブラッドリー・クーパー、レナード・バーンスタインの自伝映画を監督、自身も出演へ

ブラッドリー・クーパー、レナード・バーンスタインの自伝映画を監督、自身も出演へ

  • ガジェット通信
  • 更新日:2018/05/17
No image

映画『A Star Is Born(原題)』で監督デビューを果たしたブラッドリー・クーパーが、次回作を見つけた。人気スターのクーパーは、有名作曲家のレナード・バーンスタインの伝記映画『Bernstein(原題)』を監督し、自身も出演する。複数の情報筋が伝えた。

米パラマウント・ピクチャーズとアンブリン・エンターテインメントが共同出資し、ジョシュ・シンガーが脚本を手掛ける。クーパーは自身が率いるジョイント・エフォートを通じて、スティーヴン・スピルバーグ、マーティン・スコセッシ、フレッド・バーナー、エイミー・ダーニング、クリスティ・マコスコ・クリーガーらと共にプロデュースする。

パラマウントとアンブリンは、バーンスタインの音楽や伝記を含む権利交渉を間もなく終える。

先週、同作がこの作曲家を巡るプロジェクトの2作目になると発表があった。ジェイク・ギレンホールもバーンスタインの自伝映画『The American(原題)』を開発中にある。キャリー・フクナガが監督し、ギレンホールが出演とプロデュースを手掛ける。

バーンスタインは25歳でニューヨーク・フィルハーモニックで指揮者となり、名を馳せた。1957年には、ブロードウェイのミュージカル『ウエスト・サイド物語』と複数のアカデミー賞を獲得した映画『ウエスト・サイド物語』の作曲を手掛けた。

2つの映画のストーリーラインがどう異なるかはまだ明らかでないが、どちらが先に公開に漕ぎ着けるか、競争となるだろう。

クーパーは現在、『A Star Is Born(原題)』のポストプロダクションに入っている。レディ・ガガが出演し、10月に公開する予定だ。クーパーの代理人はCAA。

このニュースはデッドライン・ハリウッドが最初に報じた。

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
映画じゃけぇ、何をしてもええんじゃ!! 男根から真珠を取り出すシーンが強烈すぎる『孤狼の血』
「村上隆×ドラえもん」ユニクロでコラボ! 絵柄のぬいぐるみも可愛い
坂上忍、“某有名監督”への不満爆発「あんなヤツの映画二度と出ねえ」
松坂桃李『娼年』応援上映、即日完売の大反響「ホラ貝吹きたい」
美人農大生が全裸の家畜に堕落...性の玩具に調教された女の末路とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加