セレーナ・ゴメス、腎臓移植の手術を受けていたことをSNSで公表

セレーナ・ゴメス、腎臓移植の手術を受けていたことをSNSで公表

  • SPUR
  • 更新日:2017/09/17
No image

SPUR Eye
手術後の写真には、これまでの苦難を吹き飛ばすようなとびきりの笑顔が!

2017年9月15日(現地時間)に、セレーナ・ゴメスが、腎臓移植の手術を受けていたことをインスタグラムで公表した。セレーナといえば、2015年に自己免疫疾患のひとつである難病のループス(全身性エリテマトーデス)を患ったことを告白。昨年の秋からは、治療の副作用でパニック発作などを引き起こしていることを理由に、歌手活動も休止していた。

今回、ドナーとして一緒に手術を受けたのは、セレーナの友人で女優としても活動するフランシア・レイサ。セレーナは、手術後ベッドに横たわる自分とフランシアが手を握りしめながら、笑みを浮かべる写真を投稿。キャプションには、この夏に移植手術を受けたことをファンに報告しつつ、フランシアヘの感謝の気持ちを書き込んだ。

美しい友人、フランシア・レイサへの感謝は言葉では言い表せない。彼女は私のために、自分の腎臓の一部を与えてくれた。信じられないくらい幸せよ。あなたのことを本当の姉妹のように愛してる。

そんなセレーナの今年の活動といえば、7月に新曲『Fetish』をリリースし、最近では2017年秋冬の「コーチ」のブランドアンバサダーとしても活躍。また恋人のザ・ウィークエンドとは公の場で仲睦まじい姿を披露するなど、公私ともに順調!

また、9月8日(現地時間)には、米『TIME』誌が選ぶ「世界を変える46人の女性」に選出されたことも報告していたセレーナ。米ゴシップサイト『E! Online』は、「セレーナのインスタグラムのフォロワー数が1億人を達成したことを受けて、セレーナは“流行を作り出す人”と紹介された」と掲載している。

No image

Photo:Getty Images

様々な壁を乗り越えた彼女は、まさに向かうところ敵なし。手術後の回復を祈りつつ、これからの活躍にも期待したい!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大橋トリオ「SHE」MV公開、話題の女優・織田梨沙の絶妙な表情を切り取る
「バズリズム LIVE」にミセス、UVER、ブルエン、マイヘア、WANIMAら集結
SPYAIR、アルバム『KINGDOM』の全貌が明らかに&トレーラーも公開
ユーミン、自身“最長最多”ツアー80本完遂「為せば成る」
安室の新アルバム予約殺到! オリコン配信サイト1~7位まで独占
  • このエントリーをはてなブックマークに追加