ジェニファー・アニストン、新作ドラマでテレビ界に復帰

  • numero.jp
  • 更新日:2017/11/14

ハリウッド・リポーターによると、アップルが制作を手掛けるタイトル未定の同ドラマでジェニファーとリースは共に出演、エグゼクティブプロデュースに加えて、マイケル・エレンバーグの制作会社メディア・レスと番組シリーズの権利も共同所有するという。同シリーズは朝の情報番組に携わる人々を描いたもので、エレンバーグの構想を基に、ブライアン・ステルターの著書『トップ・オブ・ザ・モーニング:インサイド・ザ・カットスロート・ワールド・オブ・モーニングTV』を背景にした作品になるそうだ。

『ハウス・オブ・カード 野望の階段』のジェイ・カーソンが脚本を手掛けるこの新ドラマは、ジェニファーにとって1990年代に大ヒットを記録した『フレンズ』以来のテレビシリーズ出演となる。また、アップルがドラマ制作に乗り出すのは、スティーヴン・スピルバーグ監督が1980年代に手掛けた『世にも不思議なアメージング・ストーリー』の新シリーズに続き、今回が2度目となる。

ジェニファーとリースは『フレンズ』劇中で姉妹役を演じており、以降2人は親しい友人関係にあった。ジェニファーもリースも数多くの映画やテレビ作品に出演してきたが、最近ではリースがニコール・キッドマンと共演しているテレビドラマ『ビッグ・リトル・ライズ〜セレブママたちの憂うつ〜』が話題を呼んでいる。

©BANG Media International

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高橋一生の“エロシーン完全消滅”で6.9%自己最低更新! フジ月9『民衆の敵』がテコ入れか
保阪尚希 今や通販王 儲ける秘訣とこだわり過ぎる生活明かす
ファンタビ女優が出演!「TRUE DETECTIVE」第3シーズン
視聴率は低調だけど...井上真央主演「明日の約束」、業界関係者の評価が高い意外な理由
【影山貴彦のTVコラム・がんばれ関西ローカル!】生き生きと汗を流す姿に 「新陳代謝」を感じる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加