元日本王者の福原力也、12・19に引退試合「自分のすべてをぶつけたい」

元日本王者の福原力也、12・19に引退試合「自分のすべてをぶつけたい」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/10/21
No image

元日本スーパーバンタム級王者で日本フェザー級4位の福原力也(37)が18日、12月19日に後楽園ホールで引退試合を行うと明かした。対戦相手はフィリピン人ランカーが有力。

福原は2000年デビュー。05年9月に日本スーパーバンタム級王者・木村章司(花形)を10回判定で下し、王座を獲得。その後、ケガに悩まされながら不屈の闘志でリングに上がり続けた。

「体にムチ打ってやってきましたけど、もう限界です。右ひじ、右肩、ひどいときは左のひじ、肩もキツかった。ケガを克服できなかった」と、17年間のボクサー人生に終止符を打つことを決めた。

「12月の試合までは現役なので、きっちり仕上げて勝って終わりたい。自分のすべてをぶつけたい」と思いを語った。福原はここまで31勝(23KO)9敗1分。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「つば攻撃」永源遥さん急死 サウナで倒れる
武藤敬司らプロレスの“達人”新プロジェクト立ち上げ!
小野心、パクチー克服で“タイ策”万全だ
W-1・武藤敬司が“達人”集め新プロジェクト立ち上げ!長州、藤波、ライガーに平成維震軍も
「伊達直人」が素顔公表 群馬在住の河村正剛氏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加