最新ランキングをチェックしよう
自閉スペクトラム症(ASD)が苦しむ、感覚過敏の対策

自閉スペクトラム症(ASD)が苦しむ、感覚過敏の対策

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2018/01/14

発達障害、中でもASDの人は、光を目がつぶれるほどまぶしいと感じたり、シャワーが痛くて浴びるのを嫌がるなど、刺激を強く感じたりすることが多い。この記事のすべての写真を見る
 これらは『感覚過敏』といわれる症状で、五感から届く感覚の情報に脳が過敏に反応してしまうもの。感知する皮膚や眼球に異常はないが、反応があまりに激しいので本人はつらい。発達障害がなくても感覚が過敏な人もいて、発達障害に併発しやすい

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
肺真菌症に感染した男性、原因は帰宅後毎日していた「癖」=中国ネット「これは私も毎日している...」
危険なマナー「片側空け」は変わるか エスカレーター「歩かないで!」 東京駅で対策
JOYの縁切り芸人はクロちゃん?「濡れ衣だしん!」と否定するも非難轟々
朝起きたら異星人!?自宅でのヘアカラーはパッチテストを十分に行わないと大変なことになる件
乃木坂46生田絵梨花・写真集ツイッター、オフショット30連投「暴れすぎ!」「可愛さが暴走!」の声
  • このエントリーをはてなブックマークに追加