帝京大黒星 ハットの尾崎ら負傷交代も岩出監督は言い訳せず 関東大学ラグビー

帝京大黒星 ハットの尾崎ら負傷交代も岩出監督は言い訳せず 関東大学ラグビー

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/11/11

◇ラグビー関東大学対抗戦A 早大34―32帝京大(2019年11月10日 秩父宮ラグビー場)

No image

<早大・帝京大>敗れて悔しそうな表情を見せる帝京大フィフティーン(撮影・久冨木 修)

帝京大は早大との全勝対決に敗れ、4勝1敗となり優勝戦線から一歩後退。次戦は24日に5戦全勝で昨年度の大学王者・明大と対戦する。

80分間を通じてディフェンスに苦しんだ帝京大だが、3点リードの終盤は粘り強くタックルを繰り返してロスタイムに突入。密集の攻防でプロップ細木康太郎(2年)がターンオーバーに成功して逃げ切ったかに思われたが、その後にまさかのノックオン。相手ボールのスクラムを与え、逆転トライを許した。

岩出雅之監督は「早稲田さんの執念で持って行かれた。われわれも頑張ったが、最後は連係の浅さ、ゲームを終わらせるマネジメントが足りなかった」と述べた。17年度まで全国大学選手権で前人未踏の9連覇を達成し、W杯日本代表にはOB7人を輩出した帝京大だが、昨季は連覇がストップ。今季も完全復活を期す伝統校に屈する形となった。

3トライを挙げたWTB尾崎泰雅(3年)やNo・8安田司(3年)らキーマンがケガで退くアクシデントにも見舞われたが、岩出監督は「言っても仕方ない。ケガ人は出るもの。でも、しないのがいい選手の条件」と言い訳をせず。対抗戦優勝、その先の大学選手権での巻き返しへ、CTB本郷泰司主将(4年)は「苦い経験をどう生かすかが大事。練習で成長し、次の明大戦で反省を生かしたい」と表情を引き締めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
来栖うさこ「かじりつきたい!!」小悪魔が美尻をフリフリ
世界で注目される日本の幹細胞培化粧品メーカー『LadyLuck7』の挑戦!
9頭身でGカップ! グラビア界の“超逸材”西川美咲に興奮&感謝の声
板野友美“渾身の楽曲”にネット騒然「完全パクってる」「カバーでしょ?」
嵐・二宮和也&伊藤綾子への誹謗中傷――弁護士が「ここまで書いたらアウト!」ラインを解説
  • このエントリーをはてなブックマークに追加