阪神・大山、菅野撃ち2点打も「チャンスで打てていないので意味ない」

阪神・大山、菅野撃ち2点打も「チャンスで打てていないので意味ない」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/09/15

(セ・リーグ、阪神2-2巨人=延長十二回規定により引き分け、22回戦、巨人12勝8敗2分、14日、甲子園)ルーキーの大山が、球界を代表する右腕から先制打を放った。一回二死二、三塁。自身初対戦の菅野の152キロツーシームを振り抜き、三遊間を破る2点打。15打席ぶりの安打で試合の流れを呼んだ。しかし、その後は九回無死一、二塁で遊飛など、ノーヒット。「結局、チャンスで打てていないので意味ないです」と厳しい表情だった。

No image

1回 先制適時打を打つ阪神・大山=甲子園球場(撮影・吉澤良太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】メジャーNO1遊撃手が教科書のような頭脳プレー、解説「子供に見てほしい」
札幌Dに「おにぎり」グッズ急増中 “先輩撃ち”のハム横尾「もっと増えてほしい」
【日本ハム】『2018ファイターズ定期券』23日から発売...札幌Dでの主催試合で利用可
清宮が「世界」で通用しなかった理由
西武・野上 プロ初完封!4年ぶり10勝 元モー娘梨華夫人と支え合い「感謝」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加