最新ランキングをチェックしよう
診断までに平均7.5年の子宮内膜症、早い段階で受診を

診断までに平均7.5年の子宮内膜症、早い段階で受診を

  • QLife
  • 更新日:2017/12/06

月経回数の増加で増える子宮内膜症患者、不妊・がんのリスクにも
東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学講座 准教授
甲賀かをり先生

 月経中に起こるお腹の痛みや腰痛、いわゆる「生理痛」をがまんしていませんか。20~49歳の女性1,000人に生理痛の程度を尋ねた調査では、3人に1人が「ひどい」生理痛に悩んでいるという結果が出ています。生理痛など「月経困難症」を訴える女性のうち、約25%が「子宮内膜症

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
1億年かけてできた中国の観光名所、女性が立ち入り禁止エリアで記念撮影
DAPUMP「U.S.A.」“パリピバージョン”誕生!ガヤRemiX配信
牛丼並が一番高い吉野家に、松屋とすき家から客が流入している理由
英メディアが「世界7大陸のナンバーワンDF」を発表! アジアからは日本代表戦士を選出!
一目見るだけで「自閉症」か診断できる錯視動画がスゴイ! 脳のクセが瞳孔に発現、潜在的な自閉症の診断にも効果的!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加