最新ランキングをチェックしよう
診断までに平均7.5年の子宮内膜症、早い段階で受診を

診断までに平均7.5年の子宮内膜症、早い段階で受診を

  • QLife
  • 更新日:2017/12/06

月経回数の増加で増える子宮内膜症患者、不妊・がんのリスクにも
東京大学大学院医学系研究科 産婦人科学講座 准教授
甲賀かをり先生

 月経中に起こるお腹の痛みや腰痛、いわゆる「生理痛」をがまんしていませんか。20~49歳の女性1,000人に生理痛の程度を尋ねた調査では、3人に1人が「ひどい」生理痛に悩んでいるという結果が出ています。生理痛など「月経困難症」を訴える女性のうち、約25%が「子宮内膜症

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
宇野昌磨は“例外”? 記者が「二度と取材したくない!」と叫ぶアスリートを実名暴露
糖尿病予備軍かも!? やってはいけない生活習慣6【糖質制限の基本】
「一定間隔でドン、ドン! 上の階からだと思ったら、原因は下の階の『ある遊び』で...」(福岡県・50代男性)
おいおい見本と大分違うぞ!ネット通販を利用して買ったら絶望。15のアルアル
この発想はなかった!斜め上のイヤホンデザインパッケージが話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加