【試合結果】巨人・山口俊、14K2失点完投 古巣DeNAの連勝を8でストップ

【試合結果】巨人・山口俊、14K2失点完投 古巣DeNAの連勝を8でストップ

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/04/17

(セ・リーグ、DeNA2-3巨人、4回戦、DeNA3勝1敗、17日、新潟)巨人が競り勝った。先発の山口俊投手(30)が古巣相手に14三振を奪うなど5安打2失点完投で今季2勝目。打線は1点を追う六回に亀井が逆転2号2ランを放ち、これが決勝点となった。敗れたDeNAは連勝が8で止まった。

DeNAは飯塚、巨人は山口俊が先発した新潟での一戦。先制したのは巨人だった。三回二死から、ゲレーロが左翼席へ2号ソロを放った。DeNAはその裏、二死一、二塁と好機を作ると、ロペスが左前へ同点適時打。なおも二死一、二塁から宮崎が右前適時打を放ち、2-1と勝ち越した。

巨人は六回、二死一塁として亀井が2番手・エスコバーから右越え2ランを放ち、逆転。山口俊は六回二死から6者連続三振を奪うなど圧巻の投球を披露した。

巨人・高橋監督の話「(山口俊について)本人もまだまだいけそうだった。こういうときにはベテランの力は大きい。きょうはそういう選手たちに助けられた。カードの頭は大事な試合。そこでこういうピッチングをしてくれたのは大きかった」

No image

先発した巨人・山口俊=新潟(撮影・吉澤良太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
久保康友 米独立リーグの球団と合意 阪神、DeNAなどでプレー
【MLB】大谷翔平、第1打席でセンター前ヒット! チーム初安打に本拠地大歓声
ソフトBドラ2高橋礼22日ハム戦初登板初先発 新人サブマリンに千賀代役託す!
横浜は順位が下位ばかりなので早くチームの力になりたいー若者達の思い
前DeNA久保康友投手が米独立リーグと契約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加