12日の中国本土市場概況:上海総合0.1%安と5日ぶり反落、上海50A株指数は0.4%高

12日の中国本土市場概況:上海総合0.1%安と5日ぶり反落、上海50A株指数は0.4%高

  • FISCO
  • 更新日:2017/10/12
No image

株式会社フィスコ

12日の中国本土市場は小幅に値下がり。主要指標の上海総合指数は、前日比2.18ポイント(0.06%)安の3386.10ポイントと5日ぶりに反落した。上海A株指数も下落し、2.17ポイント(0.06%)安の3545.85ポイントで取引を終えた。

資源・素材株の下げが重し。石炭の中国神華能源(601088/SH)が1.5%安、非鉄の洛陽モリブデン(603993/SH)が1.9%安で引けた。不動産株も安い。大手の金地集団(600383/SH)が1.5%下落した。発電や水道の公益株、インフラ関連株、消費関連株の一角もさえない。今週に入り、連日で最高値を更新していた白酒(中国の蒸留酒)メーカー最大手の貴州茅台酒(貴州マオタイ:600519/SH)も0.3%安と売られた。

ただ、引けにかけて下げ渋る流れ。時価総額上位の金融株や自動車株などが上昇し、指数はプラス圏に浮上する場面もあった。個別では、中国人寿保険(601628/SH)が3.6%高、中国工商銀行(601398/SH)が0.2%高、上海汽車集団(600104/SH)が1.2%高としっかり。上海市場の代表的な50銘柄で構成される「上海50A株指数」は0.4%高と5日続伸した。中国で5年に1度の共産党大会を今月中旬に控えるなか(期間は18日から約1週間)、相場の安定期待が根強い。重要会議を前にして、急落場面では「国家隊」(政府系ファンド)が相場を支えるとみられている。下値不安が薄らぐ格好だ。

一方、外貨建てB株相場はまちまち。上海B株指数が3.86ポイント(1.06%)安の359.02ポイント、深センB株指数が1.52ポイント(0.13%)安の1210.62ポイントで終了した。

【亜州IR】

<CS>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
埼玉5区、立民・枝野幸男氏が当選確実
ボロ物件で家賃年収2000万へ! 現金200万円以下で買える物件で不動産投資に成功した男
1〜3四半期の中国のGDP成長率は6.9%、消費が最大の駆動力に
【衆院選】元みんな代表の浅尾慶一郎氏、新人相手に落選確実 神奈川4区
無党派、立憲が取り込む=未成年は保守志向-出口調査【17衆院選】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加