聖心ウルスラ学園、戸郷が2失点完投!九州勢対決を制して夏甲子園初勝利

聖心ウルスラ学園、戸郷が2失点完投!九州勢対決を制して夏甲子園初勝利

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/10

第99回全国高校野球選手権大会第3日第4試合(早稲田佐賀2-5聖心ウルスラ学園、10日、甲子園)初出場の早稲田佐賀(佐賀)と12年ぶり2度目出場の聖心ウルスラ学園(宮崎)が対戦した。聖心ウルスラ学園のエース・戸郷翔征投手(2年)が8安打2失点で完投。序盤のリードを守りきり、九州勢対決を制して夏の甲子園初勝利を挙げた。

聖心ウルスラ学園は二回、2本の安打と犠打で一死二、三塁の好機を作ると、7番・上村のスクイズで先制した。四回には四球と二塁打で二死二、三塁とすると、6番・柳田が遊撃強襲の2点適時打。続く7番・上村は、二塁強襲の適時打を放ち1点を追加し、さらに捕逸により1点を加えて一挙4点を奪った。

先発の戸郷は四回まで無安打投球と素晴らしい立ち上がり。六回まで2安打投球だったが、七回に捕まり4連打で2失点。九回も先頭打者に安打を許したが、併殺で切り抜け完投。140球の熱投だった。

早稲田佐賀は、2点を還すのが精いっぱいだった。先発した安在が3回2/3で4失点と誤算。2番手・森田が粘投を続けたが及ばなかった。

No image

先発した聖心ウルスラ学園・戸郷=甲子園球場(撮影・佐藤徳昭)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“天理のバレンティン”神野は不発「変化球でうまく攻められた」
西武菊池に球審が2段モーション指摘 辻監督は不満
プロも騒然。広陵・中村奨成への7つの質問から探る「捕手の資質」
ホークス絶対的守護神サファテは50S達成なるか、NPB記録更新はほぼ確実
西武栗山が代打サヨナラ弾「優勝、あると思います」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加